スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【瞬発力を養おう!】スクワットにプラスしたいメニュー|スポルティングCP実践

 

今回は「ウエイトトレーニングをただの重量挙げで終わらせない」

実際の瞬発的な動きにつなげるセットメニューをご紹介します。

 

ウエイトトレーニングがいまいち結果に現れない。そんな風に感じている選手も多いのではないでしょうか?

 

私も本格的にウエイトを始まるまでは、目標とする重量を上げることに意識がいってしまい、プレーシーンをイメージする事が不足していました。

本格的に始めた頃からプレーを意識し、結果も変わってきましたのでとても大切にしています。

 

既に実践している人もいるかもしれませんが、クリスティアーノ・ロナウド選手が育ったスポルティング動画を参考に見ていきましょう!

それでは早速。

 

トレーニングの方法

参照「InsideSoccer」YouTube

◆スクワットを行う

参照「InsideSoccer」YouTube

◆スクワット終了後すぐに垂直ジャンプを行う

目安回数:2〜3回ジャンプ

 

ポイント

スクワット時

参照「InsideSoccer」YouTube

◆写真の様にスクワット時も、ジャンプをイメージして行う。

◆ハムストリングス、お尻、股関節の伸展をイメージし、爆発的に跳ね上がることを意識しましょう。

※バーベルで首元を痛めない様注意!

 

ジャンプ時

参照「InsideSoccer」YouTube

参照「InsideSoccer」YouTube

参照「InsideSoccer」YouTube

スクワットでハムストリングやお尻の筋肉に高負荷な刺激を加えた後、重りを外した状態(ボディウエイト)で垂直跳びを行うことで、スクワットで使用していた筋肉に実際の動きの刺激を加える事で、体に動きを覚えさせます

 

ジャンプする際は腰に手を当て、上半身を使わず下半身だけを使ってジャンプする事で、よりスクワットで使った筋肉に刺激が入ってオススメです!

 

他にもこんなメニュー

これまでも、ウエイトトレーニングと合わせたいセットメニューをご紹介してきました。私は必ずと言っていいほど、ヘビーウエイトの後にはこの手のメニューを取り入れてます。

是非参考にしてみてください。

 

【瞬発力を養うセットメニュー】デッドリフト+ジャンプトレ - アスリートコレクション
今回ご紹介するトレーニングは一瞬の爆発的なパワーを生み出すためのセットトレーニングメニューです。 ベンチプレスやスクワットの後に瞬発系や動作系のトレーニングを取り入れるケースが多くある様に、フリーウエイトのトレーニングにプラスして実際の動きに近い動作を加えていくことは大切なポイントだと思います。

 

 

※今回ご紹介した動画は「InsideSoccer」様の貴重なyoutube作品です。

 

 

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

瞬発力

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事