スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【スムーズな動き出しを養おう!】スペインで実践するBOSUトレーニング

 

この投稿をInstagramで見る

 

Football Focus(@_footballfocus)がシェアした投稿 -

 

こんにちは。スペインでサッカー選手をしている田中ひとみです。

 

今回は、スペイン選手の身体能力の高さについてご紹介するとともに、バランスやスムーズな動きだしに関して、私がチームで実際に行なっているトレーニングをご紹介します。

 

スペインでプレーするようになってから、外国人選手とのコンタクトプレーや日頃のトレーニングの中で皆んな、バランス感覚が良いなと感じます。

 

例えば・・・

普段のトレーニングの中ではクロスボールに対してのオーバーヘッドの技術だったり(女子選手であまりしている選手をみた事がありませんでしたが、スペインではしょっちゅう見ます)浮いてるボールを空中でトラップした後、着地してからの流れるような動き出しだったり、、、バランス感覚の優れた選手が多いなと感じます。

 

そこで今回は、私たちがチームで実際に行なっているバランストレーニングを柴崎選手が以前所属していたヘタフェの動画を参考にご紹介したいと思います。

 

トレーニングの方法

参照「_footballfocus」instagram

まず、このトレーニングで欠かせないのがBOSU(ボシュー)と呼ばれる半円型の用具を使用します。(バランスディスクでも代用可能です

参照「_footballfocus」instagram

この写真のように片足で着地時したり、BOSUの上でバランスを取った後に細かいステップを入れます。

 

この時、軸がぶれないように体幹(腹圧、お腹に力が入った状態)の意識と着地時に膝の角度に注意してください。

 

膝が内側に入りすぎると、怪我につながる可能性があります!

特に女子選手は膝が内側に入るケースが多いと耳にしますので、動作の癖を直す意味でもこういった単純な動作から意識的に修正していくことが大切だと思います。

 

ポイント

参照「_footballfocus」instagram

バランスを取った後は、次の動き出しがスムーズにできるように重心の置く位置に意識をおいてみて下さい。

 

重心が後ろまたは下にあると、スタートが遅れてしまいます

 

回数をこなすと、どの重心の位置が、次の動き出しにスムーズに移せるかが掴めてくると思います。

 

理想は、ポイントの膝の角度、腹圧、重心の位置を頭で考えなくても、無意識に行えている状態です。

 

まとめ

いかがでしたか。

ボールを保持していても、していなくてもプレーする上で体のバランス感覚はとても大切です。

 

バランス感覚が高まると次への動きだしがスムーズにできるようになると思います。

 

体勢が崩れた後の立て直しで、相手を置き去りにできたり、逆に食らいついていくことも可能です。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「_footballfocus」様の貴重なinstagram作品です。

The following two tabs change content below.
田中ひとみ

田中ひとみ

藤枝順心高校/東京国際大学/スフィーダ世田谷FC(なでしこリーグ2部)/大和シルフィードへ移籍 /海外挑戦(スペインへトライアウトを受けに行く)/Fundacion Albacete Femenino (当時スペイン女子サッカーリーグ1部)とプロ契約
田中ひとみ

最新記事 by 田中ひとみ (全て見る)

運動能力

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事