トップアスリートのための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

アスリート愛用のサプリはコチラ

【故障しづらい体を作ろう!】一石二鳥!胸椎と股関節の可動性を意識したストレッチ

 

選手としてプレーをしていく中で、極力避けたいのが故障ですよね。

普段から故障にしづらい体を作るためにウエイトトレーニングやストレッチ、アフターケアなどを行なっている選手も多いと思います。

 

今回ご紹介するトレーニングは、イングランドプレミアリーグ(スウォンジーシティーAFC)の可動域を意識したトレーニングです。

 

腰を捻る事で、気持ちが良いと言う感覚で寝っ転がって腰を捻ったストレッチをした事がある人も多いと思います。(僕も良くやります。)

今回は「気持ちが良い」だけでなく意識するポイントも抑えて行なってみましょう

可動域が広がれば、今まで無理がきかなかったシーンで対応ができたり、プレーの幅が広がると思っています。

それでは早速みてみましょう。

 

トレーニングの方法

参照「Swansea City AFC」YouTube

写真を参考にしながら見ていきます。

仰向けに寝た状態から、右足の膝を引き上げ、左側に倒していきます

腰は左を向いた状態で、右手で左足のつま先を掴むと同時に、右の肩を外へ開いていきましょう

 

ポイント

参照「Swansea City AFC」YouTube

胸椎の回旋と股関節の可動域を意識することが大切です。

下半身は逆方向を向いているが、胸椎を回旋させて体を開いていきます。

 

まとめ

これまで、何度か胸椎のトレーニングをご紹介してきました。

場所やシーンに応じて取り入れられそうなものを選んで挑戦してみると良いと思います

プレー後のクールダウンなんかの時はリラックスして寝っ転がって今回のストレッチを用いたりしますが、ウォーミングアップ時にブラジル体操の延長線上に取り入れるには、ロッベン選手の様なメニューがオススメです。

>>>ロッベンの胸椎回旋トレーニング

 

 

ケアは良いパフォーマンスをコンスタントに発揮するためには大切な要素です。

肉体的なケアだけでなく、内臓面のケアも意識できるとより良いですね。

>>>疲労を回復させるケア技術

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「Swansea City AFC」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

運動能力

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事