トップアスリートのための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

アスリート愛用のサプリはコチラ

【FW 鋭い裏への飛び出し!】ダイアゴナルランの質を意識した可動域トレーニング

 

サッカーのプレーシーンにおいて身体の向きボディシェイププレーの幅を広げる意味でもとても大切なポイントの一つですよね。

 

特にFWの選手にとって、裏へ飛び出す際のダイアゴナルランを行う際は、下半身はゴール方向へ向けてスプリントしながらも、上半身はパスの出所を確認するために体が開く事が多く、スプリントが蛇行したり、不安定になってスプリントスピードが低下する感覚を覚えることはありませんか?

 

僕はそう感じる事があったので、今回ご紹介する上半身を開く(胸椎回旋)可動域を広げていくトレーニングを行う際は、そんなシーンをイメージしながら行ったりしています。

 

ユベントスの選手が実践している、一見すると地味なトレーニングですが、いつでもどこでもできるトレーニングなので是非挑戦してみてください。

 

プレーシーンのイメージ

攻撃の選手でオフザボールのシーンでダイアゴナルラン(斜めに走る)の動作時は、ランニングの進行方向に対して、下半身は進行方向、上半身はボールの出所へ向けて少し体を開きながら走るケースをイメージしながら行います。

 

トレーニングの方法

参照「TOPSOCCERCOACHING」youtube

プランクの姿勢から、胸椎の回旋を意識して横方向からゆっくりと上げていきます。

参照「TOPSOCCERCOACHING」youtube

腕が空に向かって真っ直ぐになるところまで体を回旋させましょう。床に着いている手から上に上げた指先までのラインが、一直線になるように。

 

ポイント

足先、膝、股関節が床面を向き、床面に向かって体幹を支えるようにパワーが入っている状態で、上半身を回旋させ、可動域を生み出していきます。

もっと詳しい解説はこちらの水泳選手の陸上トレーニングを参照ください。

>>>ソラシックローテーション

 

まとめ

下半身はランニング方向にはしっかりと向き、力を入れることができる状態で、しっかりと上半身だけ開くことができれば、体を開いた状態でのスプリントが蛇行したり、不安定になってスピードが低下するケースのケアにもなると感じています。

是非参考にしてみてください。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「TOPSOCCERCOACHING」様の貴重なyoutube作品です。

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

運動能力

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事