スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【シュート力強化にもオススメ】プレミアリーガー実践!内転筋周りを鍛えるトレーニング

 

イングランド プレミアリーグに所属するスウォンジー・シティ・AFC内転筋周りを意識したトレーニングをご紹介します。

サッカー選手は、インサイドキックを始め、シュートシーンでも内転筋周りの筋肉を使いますよね。

 

具体的なプレー

ゴールから遠ざかりながら、腰を回して逆サイドネットへ打ち込むようなシュートを行う際は、腰を回しながらも内転筋周りの筋肉のひきつけるイメージで行なっていました。

 

キック動作以外にもサイドステップフェイントなどにも多用され、動きの俊敏性にも関わる重要なパーツなので、意識的にトレーニングに組み込みたいメニューです。

それでは一緒にみていきましょう!

 

 

トレーイニング方法

参照「Swansea City AFC」youtube

今回ご紹介するトレーニング方法はベンチを利用したトレーニングです。

トレーニングルームや、グランド脇のベンチを活用して行なっていきましょう。

 

膝までベンチに乗せる
参照「Swansea City AFC」youtube

◆肘を付けたサイドプランクの体勢

◆足は上に来る方をベンチに乗せよう

膝の部分までベンチに乗せよう

※足先のみを乗せると、膝へ横方向の負荷がかかり膝を痛める可能性があるので注意!

◆写真のように上の足の膝を曲げて良いので膝までしっかり乗せよう

◆体が一直線になるよう体幹も意識

◆下の足を開いたり閉じたりを繰り返して刺激を入れよう

◆動作自体は下の足が行いますが、意識するのは上の方の足の内転筋周り

 

 

まとめ

内転筋周りの筋肉は、使用頻度も多く、私も炎症を起こした経験があります。

ハードに鍛える必要はないと思いますが、ストレッチ適度な刺激を入れるトレーニングを普段から取り入れるようにしていました。

体幹トレーニングの延長メニューとして是非参考にしてみてください。

 

股関節周りのストレッチング

スタビライゼーションで内転筋周りを鍛えた後は、動的トレーニングで、体幹股関節周りのストレッチングを意識したトレーニングを取り入れるのもオススメです!

参考にしてみてください。

【体の連動性を高め、身体能力を高めよう!】ラグビーの強豪「オールブラックス」のトレーニング - アスリートコレクション
今回ご紹介するトレーニングはラグビー世界王者ニュージランド代表「オールブラックス」が取り入れるワニウォークをご紹介します。体の使い方や運動能力を高める意味でも効果的です。

 

 

 

今回ご紹介した動画は「Swansea City AFC」様の貴重なyoutube作品です。

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

フィジカル

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事