スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【ポストプレーヤーに対して「重く・硬い」壁の様なプレスを養おう!】レアルDF実践

 

今回はポストプレーヤーに対して重く・硬い壁の様なプレッシングを生み出すDFにオススメのフィジカルトレーニングをご紹介します。

私はセンターFWをやっていたのですが、FWの選手なら誰しもが、ポストプレー時に背後から重く・硬い壁の様なプレッシングはとてもプレーしずらいものですよね。

DFの選手が、重く・硬い壁の様なプレッシングを行うには、腕・体幹・下半身の連動が大切だと感じています。

レアル・マドリードのDFダニエル・カルバハル」が実践するトレーニングを参考にしながらご紹介していきます。

是非参考にしてみてください。

 

トレーニングの方法

参照「Real Madrid C.F.」YouTube

両手にダンベルを持ち、足は肩幅より少し狭目で上下に少しずらします。

 

参照「Real Madrid C.F.」YouTube

ダンベルカールではなく、ハンマーカールの要領で、親指を上にした状態で肘を視点としてダンベルを持ち上げましょう。

参照「Real Madrid C.F.」YouTube

ダンベルが胸の位置まで持ち上がったら、瞬発的な動きを意識してチェストパスを出す様にダンベルを前に出して引き戻します。

この動作の繰り返しです。

 

ポイント

◆肘の位置は体の横に軽くつけた状態で、あまり動かさない様にしましょう。

◆ダンベルを持ち上げるさいに肩が上がらない様に肩甲骨を下制・内転させた状態で行うことを意識。

◆胸からダンベルを突き出して戻す動作の際に体幹に刺激が入ることを感じましょう

 

まとめ

参照「Real Madrid C.F.」YouTube
この瞬間体幹に刺激が入る

大切にしたいのは、胸からダンベルを突き出して戻す動作の時に、素早く且つパワフルに実施するには体幹に力が入らないと実施できないことを感じることです。

つまり、体を壁の様にビクともしない板の状態でなければ素早くパワフルなプッシュ動作ができない感覚を感じましょう!

相手から押された時に、体幹が連動しなければ壁の様なびくともしないプレッシングをかけることができませんよね。

下半身の強化も大切ですが、下半身のパワーも上半身のパワーもプレーで生かすためには体幹との連動が大切だと感じます。

 

おまけ

壁の前に立って両手で壁を押してみてください。

自分が「動かまい」壁を「強く押そう」と思うと自然と体幹に力が入りますよ!

 

是非実践してみてくださいね。

 

 

来年に向けた「体づくり」にオススメのサプリメント

限定お試しキャンペーンやってます!

すごくオススメです。

なぜオススメなのか?

こちらの記事でチェックしてみてね!

 

 

 

今回ご紹介した動画は「Real Madrid C.F.」様の貴重なyoutube作品です。

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

フィジカル

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事