スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【軸足のパワーと安定を養おう!】C・ロナウドが育ったスポルティングのトレーニング

今回ご紹介するトレーニングはクリスティアーノ・ロナウドも所属していたポルトガル「スポルティング・リスボン」のトレーニングをご紹介します。

 

パフォーマンスを高めていくためには、ベースとなる筋力を鍛え、それを実践の動きに落とし込んでいく事が大切ですよね。

今回のトレーニングはベースとなる筋力を鍛えるトレーニングですが、以下の様なプレーをイメージして挑戦してみましょう。

◆片足ジャンプ時の爆発的なパワー

◆切り返し後の片足の爆発的なスピード

◆厳しい体勢からでもフィニッシュできる安定した軸足

 

パフォーマンスの基礎となるトレーニングだと思うので一緒にチェックして行きましょう。

 

トレーニングの方法

参照「InsideSoccer」YouTube

スミスマシーンと呼ばれるレールで軌道が固定されたウエイトマシンを使用。

レールで固定されていないフリーウエイトで行うのは危険なのでスミスマシーンでやりましょう。

スミスマシーンがない人は負荷が軽くなりますがダンベルで代用しましょう。

写真のようにベンチを後ろに設置し、シングルレッグランジの体勢を作り、バーベルを上下させます。

参照「InsideSoccer」YouTube

両足が終わったら直ぐにボディウエイトでジャンプを入れましょう。

 

ポイント

参照「InsideSoccer」YouTube

バーベルを下げる時重さをコントロールし、挙げる時瞬発的なパワーを意識して一気に持ち上げましょう。

注意したい事膝が内側に入ったり、外側に出たりしないよう意識する事です。

直ぐにジャンプを入れる事で瞬発的な刺激を入れます。

 

余裕がある人

余裕がある人は「スプリット・スクワット・ホップ」というジャンプメニューを取り入れるとより負荷が強くなりますよ

スプリット・スクワット・ホップ

こちらの記事の2番目のメニューです。

サッカーコート脇でできる下半身強化サーキットメニュー - アスリートコレクション
コート脇で簡単にできる下半身強化サーキットトレーニングです。体幹トレーニングと一緒に取り入れて下半身強化に繋げましょう!結構きつめですよ!

是非参考にしてみてください。

 

 

※今回ご紹介した動画は「InsideSoccer」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

スピード

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事