スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【しなやかでパンチのあるキックを養おう!】上半身回旋トレーニング

 

今回ご紹介するトレーニングは、上半身(胸椎)の回旋トレーニングです。

 

サッカーのプレーシーンにおいて上半身を捻る動作でイメージしやすいものの1つにキック動作がありますよね。

 

上半身の回旋の可動域が広ければ、体の捻りを上手く利用して、キック力の向上にも繋がると思います

 

筋力ではなく、無理なく、しなやかに蹴る動作を養ってみてはいかがでしょうか?

 

それでは早速!

ブラジルの名門フラメンゴ」の選手が実践している動画を参考に見ていきましょう!

 

トレーニングの方法

参照「FLA TV」YouTube

写真の様に、体幹トレーニングで行うプランクの姿勢から、右足を前に踏み出した体勢を作ります。

参照「FLA TV」YouTube

この状態で右手を離して、上半身を右方向へゆっくりと回旋していきます。

この動作の繰り返しです。

 

ポイント

参照「FLA TV」YouTube

回旋動作をした際に左手から右手まで天井に向かって真っ直ぐなラインが作れると良いですね。

 

だだし、この時に腕だけが上がるのではなく、上半身をしっかりと回旋し、股関節は床面を向き、安定した状態で行うことを意識します。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

上半身(胸椎)の回旋がしっかり出来ることで、キック力のみならず、プレーの安定性やプレーの幅を広げる意味でも大切だと思います。

 

ちょっとした意識で取り入れられる種目なので、日々のルーティーンの1つとして取り入れたいメニューですね。

 

ブラジル体操の1つとして、ロッベン選手の様に取り入れてみても良いと思います。

是非参考にしてみてください。

【オフザボールの質を養おう!】スピードスターロッベン実践 - アスリートコレクション
 ボールを持っていない時の動きの質はサッカー選手にとって欠かせない質の1つですよね。 今回は上半身の可動域から考えるオフザボールの動きの質をご紹介します。 今回のトレーニングはスピードスターロッベン…

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「FLA TV」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

運動能力

    SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

    SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

    • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
    • 食事方法で差をつける

    体づくりのヒント

    この記事を見ている人はこんな記事も見ています

    サッカートレーニングの新着記事

    スポーツ栄養の新着記事