スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【良い準備をしよう!】チューブを使ったW-upが有効な理由

 

W-up(ウォーミングアップ)で用いる「チューブトレーニング」は、皆さんも一度は目にしたり、実践したことがあるのではないでしょうか。

 

一方で・・・

なぜチューブが有効なのか?これについてはご存知な方は少ないかもしれません。

 

そこで・・・

今回は具体的なメニュー紹介というより

なぜW-upでチューブを使うのか?

どこに使うのが効果的なのか?

について解説していきたいと思います。

 

昨年のプレミアリーグチャンピオンマンチェスターシティW-upでチューブを使っていますので、マンチェスターシティの動画を参考にお話ししていきます!

 

W-upがなぜ必要なのか?

参照「Jason Finley」YouTube

チューブのご説明をする前に

先ずは、そもそも「W-upの必要性」について軽くご説明させてもらいます。

W-upの必要性

W-upよって体温(筋温)を上昇させることで、筋作用を活発にさせ、ケガの予防とパフォーマンスを向上させるためには必要不可欠になります。

さらに、これから行う動作、またはその競技で必要になる動作を予行練習しておくことで、本番での動作の反応を高めることができます。

脳だけで理解するのではなく、身体にも「これからこんな運動するよ」と教えてあげることで、急激な動作による傷害も防ぐことができます。

 

マンチェスターシティのチューブW-up

では本題の「チューブW-up」についてマンチェスターシティの動画を例にみていきましょう!

参照「Jason Finley」youtube

まずはチューブを膝上にした状態でスクワットのキープ、または上半身の回旋などのゆっくりな状態で筋肉に対して刺激を入れていきながら、足首にチューブを移動させて前後に歩いたり、ターンをいれたりしていく、そして最後のほうは足を素早く前後・左右に動かす、左右へのステップからの止まる動作などを取り入れているのがお分かりになると思います。

 

なぜW-upでチューブを使うのか?

チューブの様に軽い負荷で同じ動作を行うことによって運動ニューロンへの出力の増強脊髄の反射的電気活性の増大といった生理学的な作用が働き、パフォーマンスの向上に繋がることが明らかになっています。

 

さらに、使いたい筋肉を意識させるのにもチューブトレーニングは優れているので積極的に活用することをおすすめします!

 

また、

チューブを使ったW-upで大事なのは

各スポーツで必要とされる動きを意識して行うこと!」です。

 

どこに使うのが効果的なのか?

各スポーツで必要とされる動きを意識してチューブを使っていくことが大切とお話ししました。

では、サッカーに必要とされる動きとはどの様な動きなのでしょうか?

 

股関節の周りの筋肉に刺激を!

サッカーの動作においても必要不可欠な「走る動作」や「跳ぶ動作」には重心の加速期には股関節の伸展膝関節の伸展足関節の底屈が同時に強く起こります。

またスポーツに必須な能力「止まる動作」においては股関節の屈曲の動作が大きく関わります。

 

つまり・・・

W-upの際は股関節(Hip Joint)の周りの筋肉を中心にしっかりとした刺激を入れていきましょう!!

 

特に股関節の屈曲・伸展の刺激を!

特にサッカーの場合は、「走る」・「止まる」・「跳ぶ」などの基礎運動に加え、「ボールを蹴る」動作が入りますので股関節の屈曲・伸展の刺激はしっかりと取り入れたいところです。

 

また、競技の特性上、どうしても屈曲の動作が多くなりますので、筋肉のバランスが崩れて、股関節のグロインペインなどのケガに繋がるリスクも高くなりますので、普段あまり刺激のいれない、「股関節伸展」の動作はしっかりと入れることをおススメします!

参照「Jason Finley」youtube

参照「Jason Finley」YouTube

チューブをつけた状態でのスクワットは、スポーツの際に最もケガのリスクが高まる、「膝が内側に入る動き」への矯正にもなりますので非常に効果的ですので必ず取り入れましょう。

 

まとめ

多くのチームでもすでに取り入れられていると思いますが、今一度チューブの特性や意識すべきポイントなどを見直し、正しく実行していきましょう!

okumura

股関節・臀筋周りの刺激が試合での活躍できるかのカギを握る!!」

 

チューブを使った、各関節の可動域のエクササイズなどについては次回以降に書いていければとも思っています。

参考にしてみてください。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「Jason Finley」様の貴重なyoutube作品です。

 

The following two tabs change content below.
奥村正樹

奥村正樹

2014年オーストラリアンフットボール日本代表トレーナー 2015-2017年WealdStoneFC(イングランド)セミプロサッカーチームPhysio 2017年Singburi Bangrajun FC(タイ)プロサッカーチームトレーナー その他、多数のプロサッカー選手のトレーナーを務める。
奥村正樹

最新記事 by 奥村正樹 (全て見る)

運動能力

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事