スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【連続したトップギアを養おう!】スクワットをやらない理由はないと思う


 

今回ご紹介するトレーニングは、高負荷のスクワットをプレーに生かすコンビネーションメニューをご紹介します。

 

サッカー選手にとって高負荷のスクワットってこんなイメージがあるのではないでしょうか?

◆キツイ・・・

◆体が重くなりそう・・・

◆デカイ筋肉よりキレが欲しい

◆体幹トレーニングとサーキットで十分

 

僕はこんな風に考えています。

サッカー選手にとってスクワット200kg上げる事になんの価値もない。

でもそれがスクワットをやらない理由にはならない。

 

僕がスクワットをする理由は、トップスピードから「ピタッ」と止まったり、切り返しを行う際に、自分の体重以上の負荷がかかります。その時に、その負荷に負けない体を養うためです。

 

筋肉をつけるのが目的ではなく、プレー中の負荷に耐えられる体を作るためのトレーニングです。(結果的に筋肉がついて、スクワットの重さも上がります)

 

前置きが長くなりましたが

今回はイングランドの「Crawley Town FC」が行うスクワットメニューをそんなイメージを持ってチェックしてみましょう!

 

トレーニングの方法

◆高負荷のスクワットを実施

参照「Crawley Town TV」YouTube

◆自重で止まる動作の実施

参照「Crawley Town TV」YouTube

◆自重で通常スプリント

参照「Crawley Town TV」youtbe

◆自重で変化を加えたスプリント

参照「Crawley Town TV」YouTube

 

ポイント

参照「Crawley Town TV」YouTube

高負荷のスクワットでは、下げる際にはお尻を意識して、お尻ででしっかりと体を支え、コントロールしながら行います。

(止まる動作を意識)

参照「Crawley Town TV」YouTube

逆に上げる際は、お尻で持ち上げるイメージで、動き出しの蹴り出しをイメージします。(股関節の屈曲から伸展のパワーを生み出すイメージです。)

参照「Crawley Town TV」YouTube

負荷をかけて体が重い状態から、自重で軽くなった感覚でもしっかりとお尻で支え、ピタッと止まる感覚を養います。

参照「Crawley Town TV」YouTube

スプリントトレーニングでは、お尻とハムストリングスでしっかりと地面を蹴り出す事、方向転換を加えた際にも、体が外に振れたり、体が浮いてしまわないように、お尻を使うことを意識しながら行います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

スクワット後のスプリントは辛いですが、スクワットをしっかりとプレーシーンに落とし込む感覚でセットメニューで行いたいですね。

 

少しでもスクワットに興味を持って頂ければ嬉しいです。

スクワットは姿勢に気をつけてくださいね!専門のトレーナーさんのアドバイスを仰ぎながらの実践がベストです。

 

追加ポイント

ハードなトレーニングをしたら、

その分、栄養をしっかり摂る必要があります。

栄養をしっかり摂ったら、

その分、内臓のケアをしっかりする必要があります。

 

この2つが欠けてしまうと、良いトレーニングの積み上げが出来ないと思います。

 

ハードトレーニングの際にはこちらの記事も参考にしてみてください。

疲労が抜けないのは「食事量」が足りないんじゃなくて「消化量」が足りないのかもしれない - アスリートコレクション
今回は、「食べているのに疲労が抜けない、体が大きくならない。」そんな悩みを持っている選手に、食べる量ではなくて、消化能力に問題があるんじゃないか?そんな話をご紹介します。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「Crawley Town TV」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

スピード

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事