スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【パフォーマンスを高める動きの質を養おう!】自分の体を感じるトレーニング

 

今回ご紹介するトレーニングは動きの質を高める連動トレーニングです。

 

骨盤の向きが変わるだけでも、バランス感覚は変化します。サッカー選手にとって重要なポイントとなる骨盤の変化によって体にどのような変化が生まれるのか?を捉えておく事は大切ですよね。

 

自分の体を知るという意味で挑戦してみてください。

 

また、股関節周りに刺激を加えたり、可動域を意識したトレーニングとしても有効だと思います。

 

それでは
バイエルン時代の「シャビ・アロンソ」が実践しているトレーニング動画と共にチェックしてみましょう!

 

トレーニングの方法

参照「FC Bayern München」YouTube

写真の様にお腹の高さ程の椅子や壁、棒に捕まり、右足を軸として、上半身を前に倒します。

同時に、左足は後方へ伸ばし、T字バランスの様な状態を作ります。

参照「FC Bayern München」YouTube

この状態からゆっくりと、左足のつま先を体の外側に向けるイメージで、股間を左に向けていきます

 

この動作の繰り返しです。

 

ポイント

骨盤が床面に向いている状態から、右足を軸として左側へ向けていきます。

右足の股関節の付け根を意識し、付け根を支点として骨盤が外へ向いて行く時と、骨盤が床面を向く時のバランス感覚の違いを感じます。

参照「FC Bayern München」YouTube

軸足の付け根を支点として骨盤が動く様な感覚とイメージを得られると良いですね。

 

骨盤を床面に向ける際も、床面とフラットになるところまで、だけでなく、右に向ける様な感覚で左の足の付け根が、右の足の付け根よりも下に下がる感覚まで取り入れてみても良いと思います。

 

感覚を掴んだ選手は、手を離し、何も捕まらない状態でバランスを取りながらやってみても良いと思います。

 

まとめ

骨盤や股関節周りは、下半身と上半身の連動や、パワーの伝達という意味でもとても大切な部分だと思います。

 

足を支点として、「骨盤がこんな風に傾くと、バランス感がこんなに変わるんだな」とか、体の構造をイメージしながら体を動かしてみるということは、自分の体をうまく使いこなすという意味でもとても大切なことだと思います。

 

意識的に動かすことで、股関節周りにも刺激が入り、可動性があって、とても気持ちの良いトレーニングの1つだと思うので、是非近くに捕まるところがあれば、早速やってみてください!

 

教えてください

実践してみた方は是非、ご感想など教えてください。

専門的に見ればもっといろんな見方が取れるトレーニングだと思うので、こういう目的でも効果的だよ!というのも是非教えてください。

 

記事のTOPにある「ツイートする」ボタンから記事をコメント付きでシェアください。

kansei

探してリツイートしに行きます!

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「FC Bayern München」様の貴重なyoutube作品です。

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

運動能力

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事