スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

セカンドボールの奪い合いに勝つ!動き出しの瞬発力を養おう!

 

サッカーの試合で試合の流れに大きく影響する要因の1つが、セカンドボールの奪い合いです。「セカンドを拾おう!」という指示を出したり、受けたりした経験はほとんどのサッカー選手があると思います。

セカンドボールの奪い合いに勝つと、良い流れでゲームを運ぶことができますよね。

 

今回ご紹介するのは、「Dynamic power lunge」です!

参照「Phase 1 Sports Online」youtube

ダイナミック・パワー・ランジはアメフト選手が取り入れているトレーニングですが、サッカーシーンでも、セカンドボールの奪い合いに勝つために必要な動き出しの瞬発力を養うために有効なトレーニングです。

 

ポイントを確認していきましょう!

 

目的

ターゲットとする目的は、1歩目の動き出しのスピードです。

自分の体重よりも思い負荷をかけて動き出しにかかる足への負荷を想定してトレーニングを行いましょう!

 

回数

片足6回を5セットを目安に行いましょう!

※注意したいのは、瞬発トレーニングは回数をこなすトレーニングではないので、1回ずつ丁寧に行いましょう!

 

意識するポイント

参照「Phase 1 Sports Online」youtube

セットポジションではぐらつかないように安定を意識

 

参照「Phase 1 Sports Online」youtube

爆発の瞬間は臀筋、ハムストリングス、股関節周りの筋肉を意識!

同時に体幹がしっかりしていないと上半身が付いてきません。

 

参照「Phase 1 Sports Online」youtube

走り出しがグラつかないように股関節周りと体幹を意識!

走り出しが安定してくれば、フィジカルコンタクトにも強くなりますよね。

 

 

普段の体重よりも思いシチュエーションで、しっかりと爆発的な一歩目を出せる下半身と上半身づくりをしておけば、負荷を外した時にはより早く、より簡単に自分の体をコントロールできるようになります。

いきなり大きな重さに挑戦するのではなく、爆発的なパワーと瞬発力を出す時に必要な筋肉への刺激を感じながら行いましょう。

 

ウエイトと瞬発系を取り入れていますので、筋肉への負荷が多いくなります。

食事も意識していきたい方はこちらもチェックしてみてください。

 

【食事でしっかり結果を出す方法】

食トレで結果をだす考え方! - アスリートコレクション
食事もトレーニングと同じで、ただやるだけではなく、結果に繋がる行動を選択することは大切だと思う。 だから、「食べれない」「食べても体が大きくならない」という悩みに対して、「意味のないストイック」にならないような取り組みは必要だと思う。

【筋力増加に良質なタンパク質を摂取しよう!】プロテイン(サプリ)と食事の考え方

【寮生活の食事を自分に合ったものに変えるアレンジ食】

寮生活の食事を自分に合ったものに変えるアレンジ食 - アスリートコレクション
【寮生活をしている方へ】体格や運動量、トレーニング量も違うのに「みんな同じ食事」という寮の食事を簡単に自分流にアレンジする方法をご紹介します。

 

 

以上、セカンドボールの奪い合いを強化したい時に是非参考にしてみてください。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「Phase 1 Sports Online」様の貴重なyoutube作品です。

 

 

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

瞬発力

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事