スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【動きに緩急をつけたい選手にオススメ!】ロッベン選手の一瞬で止まる技術を意識したトレーニング

 

今回ご紹介するトレーニングは、サッカー選手に欠かせない緩急を生み出す上で大切な、止まる技術を養うトレーニングです。

一瞬で体をコントロールして勢いを殺すことができれば、急激なストップ動作を生み出すことができるので、緩急に幅が生まれますよね。

動き出しも大切ですが、良い体勢で一瞬で体を収めることを意識してみましょう!

 

ロッベン選手が実践しているアジリティートレーニングと組み合わせたトレーニングです。

早速動画を参考に見ていきましょう

 

トレーニングの方法

参照「tz.de」youtube

写真のようにマーカーとミニハードルを準備します。

並べたマーカーとミニハードルに対して、できるだけ早いサイドステップを踏みながら、最後はハードルを飛び越えて片足でピタッと止まりましょう

 

ポイント

参照「tz.de」youtube

サイドステップを踏むことで横方向へパワーが生まれます。

最後にハードルを飛び越えることで、下方向へもパワーが生まれます。

つまり、着地の瞬間は横方向へ体を動かそうとするパワーと地面へ体を引き付けるパワーが同時に働きます

それぞれのパワーに対して股関節の屈曲お尻の筋肉ハムストリングスを使って一瞬でパワーを殺して静止することを意識しましょう

 

参照「tz.de」youtube

横方向へ動くスピードが早くなればなるほど、横へのパワーが強くなるので、着地した時にブレやすくなります。

ロッベン選手も若干着地がブレているシーンがありますね。

 

まとめ

このトレーニングは自重トレーニングですが、実際にやってみると意外と着地した時に体がブレやすいことが感じてもらえると思います。

試合中は、より速く、相手の圧力が加わる状態でプレーをしていますので、一瞬で止まる動きの難易度はより高くなってきます。

普段から一瞬でパワーを殺せる身のこなしと、筋力を養っておくと良いと思います。

是非参考にしてみてください。

 

止まる技術を養ったら、動き出しの技術を養うトレーニングもオススメ!

こちらはロッベン選手のスピードとパワーのある動き出しのトレーニングです!

一緒に押さえておきたい!

体づくりに欠かせない食事で意識すべきポイント

【体づくりに必要な食事の意識改革!】僕がオーストラリアで学んだコト - アスリートコレクション
今回は僕がオーストラリアで学んだ「体づくり」に欠かせない食事意識について記事にしてみた。 初めに断っておきたいのが、筋肉つける為に、体を大きくする為に、あれ食べましょう!こんな栄養素をバランスよく取りましょう!という話ではありません。 それ以外の側面から、僕なりの考えで話してみたいと思う。

 

 

※今回ご紹介した動画は「tz.de」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

アジリティ

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事