スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【最後のフィニッシュ精度を高めたいストライカーにオススメ!】フィニッシュ時の下半身強化メニュー

 

今回ご紹介するトレーニングは、最後のフィニッシュの精度を高めるためにオススメな下半身の強化トレーニングです。

ドリブルやパスでDFを打開しても、最後の精度が低下してしまう選手も多いのではないでしょうか?

私も高校生の時にこのテーマを強化していましたが、今でも良く高校生からこの悩みを耳にします。

今回はブラジルの名門フラミンゴが実践しているトレーニングをフィニッシュの強化としてご紹介します。

私が高校時代、実践していたアレンジ版もご紹介します。

それでは早速みていきましょう!

 

トレーニングの方法

両足ジャンプでスタート
参照「FLA TV」youtube

写真のようにミニハードルをジャンプし、着地はしっかりと上半身を安定させて、片足で行います

 

ポイント

参照「FLA TV」youtube

◆着地時、下半身で体を安定させる

◆着地姿勢はシュートモーションを意識

◆下半身・股関節の屈曲・上半身を使う

◆体が上下左右にブレずにピタッと

動画の選手は着地のみを意識していますが、出来るだけ上半身を起こして、シュートモーションを意識して着地しするのがオススメです。

シュートモーションで軸足が沈むとうまく蹴れないので、着地した時に沈みすぎるのは注意

 

私のアレンジバージョン

マーカーを斜め45度方向ジグザグに配置します。

右斜め45度方向に設置したマーカー目がけてジャンプし、左足で着地と同時にマーカーをボールと見立て、マーカーの横に左の軸足を踏み込み左斜め45度方向へシュートするイメージでモーション体勢を作って着地します。

着地した際に、バランスを崩さずにしっかりと左斜め45度方向にシュートを打ち込めるモーションがキープできていることを確認しましょう。

この時にブレてしまっては、ボールインパクト時にミスが起こりやすくなります。

ちゃんとシュート出来るかモーション作った際に素振りをしてみてもいいですね。

 

まとめ

FWの選手は特にトップスピードで相手をかわしながら、遠いサイドのゴールネット目がけてシュートを狙うケースがよくあります。

時には、ゴールから遠ざかりながら逆サイドネットを狙う時があります。

トップスピードであればあるほど、逆サイドへの角度がきつければきついほど、下半身への負荷も強くなり、最後の踏み込みでバランスを崩してシュートの精度が落ちやすくなります

実際のフィニッシュシーンを想定しながら踏み込み時の軸足、体勢の強化をしていくのがオススメです。

 

シュート時の軸足の強化と併せて取り入れたいのが内転筋周りのトレーニングです。

内転筋周りも強いシュート時に欠かせない部分です。

こちらも参考にしてみてください。

是非挑戦してみてくださいね。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「FLA TV」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

フィジカル

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事