次世代のトップアスリートのためのスポーツメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

アスリート愛用のサプリはコチラ

【相手を背負ったボールキープ感覚を養う!】FCバルセロナ・イニエスタ選手実践

 

今回ご紹介するトレーニングは、FCバルセロナイニエスタ選手が実践する相手を背負いながらボールをキープするための体の使い方トレーニングです。

イニエスタ選手はリカバリーメニューの一環として行なっていますが、相手を背中に背負いながら懐をしっかり確保してボールキープするための体の使い方背中で相手をコントロールする感覚を養うも目的で取り入れてみてはいかがでしょうか。

僕もそうですが、特に攻撃の選手は、DFを背負いながらプレーするシーンも多くあります。その中で、相手のプレッシングに対して、しっかりブロックすることと、相手の力をうまく利用して、背中で相手の動きをコントロールすることも大切だと思います。

相手を背負いながら反転するプレーをイメージしながら行なってみると良いと思います。

それでは早速見ていきましょう!

 

トレーニングの方法

参照「FC Barcelona」youtube

◆バランスボールを準備

◆写真のようにボールを壁と背中で挟み込む

◆壁にボールを押し当てるように背中で押す

◆正面だけでなく角度を変えて押す

 

ポイント

参照「FC Barcelona」YouTube

イニエスタ選手の動画を見ても分かる通り、低い位置から少し斜め上に押しているのが分かると思います。

下から相手の重心を浮かすようなイメージです。

参照「FC Barcelona」YouTube

参照「FC Barcelona」YouTube

角度を変えてもボールを落とさないように背中でボールの状態、力の関わり方を感じましょう

 

まとめ

参照「FC Barcelona」YouTube

僕の場合は、背中でボールの状態や力の加わり方を感じることで、背後の感覚も意識したりします。

どのような感覚で背後からプレスがかかると、相手の力を利用して反転できるか?または、耐えられるか?などイメージしながら行ないます。

下半身を使ってしっかりと押すトレーニング!と意識する選手も多いと思いますが、「背後の感覚」のトレーニングという意識も一緒に取り入れてみてはいかがでしょうか。

是非参考にしてみてください。

 

 

海外との体格差を少しでも埋めよう!

食事から考えるフィジカルスタンダード

【大学・プロ・海外で活躍するフィジカル!】大切にしたいサッカー選手の成長期の体づくり - アスリートコレクション
海外で戦うための体づくりを目指して「食事から日本のフィジカルスタンダードを変える」そんな事をイメージしながら食事へのアプローチについてご紹介します。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「FC Barcelona」様の貴重な作品です。

 

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

運動能力

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

編集部オススメの記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事