スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【相手を抑え込む腕を養おう!】体幹から腕の力を発揮する

 

今回ご紹介するトレーニングは、ボールコントロール時にしっかりと相手を抑え込む力強い腕を養うトレーニングです。

 

腕の強化というと、腕を意識したトレーニングをイメージする人も多いと思いますが、体幹から力を発揮する意識を持つことで、より土台がしっかりして力を腕に伝えることが出来ます

 

この感覚を持っておく事は大切だと思いますのでご紹介します。

 

それでは、早速バイエルンの選手が実践しているトレーニングを参考に見ていきましょう!

 

トレーニングの方法

参照「FC Bayern München」YouTube

写真の奥で仰向けになっている選手にご注目ください。

一般的な腹筋動作に重りを加えて負荷を与えます。

重りはメディシンボール やプレートを活用すると良いと思います。

参照「FC Bayern München」YouTube

上半身を起こすと同時に、重りを空に向かって押し上げます

この動作の繰り返しです。

 

ポイント

参照「FC Bayern München」YouTube

腕の筋肉を使って押すのではなく腹筋動作と肩甲骨が連動して、しっかりと重りを押し上げられるように意識します。

 

肩をすくめるような状態で肩甲骨が上がっている状態だと腹筋とうまく連動が出来ず、力が重りに伝わらない感覚を得られると思います。

 

まとめ

体幹という土台からパワーをしっかり腕に伝えられる感覚を覚えておく事で、腕だけで押すのではなくて、体幹からのパワーを使って押す方が力強くブロックができるのでオススメです。

 

腹筋の強化と同時に意識して取り入れてみてはいかがでしょうか?

是非参考にしてみてください。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「FC Bayern München」様の貴重なyoutube作品です。

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

フィジカル

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事