スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【キレのある切り返しを養おう!】ブレーキとアクセルを片足で踏む切り返しトレーニング

 

今回ご紹介するトレーニングは前回に引き続き、キレのある動きを養うために、片足でしっかりとブレーキとアクセルを踏む感覚を捉えるトレーニングです。

 

切り返しのスピードは、スプリントスピードが出れば出るほど、切り返した際に負荷が多くなるので、低下してしまいますよね。

 

今回ご紹介するトレーニングは前回のトレーニングとは異なり、スピードに乗った体を瞬時に逆方向へ切り替える要素が強くなりますので、より体の使い方や下半身の筋力が必要になるトレーニングです。

 

実際のプレーシーンに近い様な切り返しのイメージと負荷を得られると思いますので、是非参考にしてみてください。

 

それでは、早速動画を参考に見ていきましょう!

 

トレーニングの方法

参照「overtimeathletes」YouTube

写真の様にマーカーを4つ横並びにセッティングします。

つま先でマーカーをタッチするイメージで横方向へ移動しながらピストン運動の様にマーカーを往復して行きます。

この動作の繰り返しです。

 

ポイント

参照「overtimeathletes」YouTube

参照「overtimeathletes」YouTube

横の移動は素早く行います。

素早く行う事で、切り返し時の負荷が増加します。

負荷が大きくなる事を想定して、重心を置くポイントや股関節周り、骨盤の傾きなどを調整していきます。

 

追加ポイント

参照「overtimeathletes」YouTube
マーカーとマーカーの間に重心を置く

切り返しを行う瞬間は、最後のマーカーの真上に重心がきてしまうと、止まれずに外へ体が流れてしまいます。

 

次の動きを想定して、最後のマーカーと手前のマーカーの間に重心をおいた状態でブレーキをかけにいきます。

 

ブレーキをかけると同時に次の進行方向へ反発力を使う様なイメージで股関節の進展を意識しながらアクセルを踏みます

 

参照「overtimeathletes」YouTube

参照「overtimeathletes」YouTube

逆側も同様に重心を置く位置を意識しながらブレーキをアクセルへ変えていきます

 

切り返し時に上半身のバランスが崩れたり、しない事も意識します。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

前回は少し、ステップワーク的な要素も強いトレーニングでしたが、こちらのトレーニングはしっかりと切り返す感覚が得られます

 

慣れてきたら、指示や笛の合図で進行方向を変えるリアクションの要素を取り入れてみるのも良いと思います。

 

是非参考にしてみてください。

 

前回の記事はこちら

>>>片足で素早く体を動かすトレーニング

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「overtimeathletes」様の貴重なyoutube作品です。

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

瞬発力

    SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

    SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

    • 疲労へのアプローチ!
    • 食事方法で差をつける

    体づくりのヒント

    この記事を見ている人はこんな記事も見ています

    サッカートレーニングの新着記事

    スポーツ栄養の新着記事