スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【キレのある動きを養おう!】片足で素早く体を動かすトレーニング

 

今回ご紹介するトレーニングはキレを養う為に片足でしっかりと方向を変えるトレーニングです。

 

サッカーのプレーシーンでは、切り返し動作など、片足にかかる負荷が多くなりますよね。

 

特に、連続したキレのある動きを出していくには、ブレーキをかけた足がそのままアクセルになるような使い方も大切な要素の1つだと思います。

 

アメフト選手が行なっているボディウエイトのトレーニング動画を参考にご紹介いたします。

 

それでは早速見ていきましょう!

 

トレーニングの方法

参照「overtimeathletes」youtube

参照「overtimeathletes」youtube

マーカーを2つ準備します。

つま先でマーカーにタッチするようなイメージで左右に素早くジャンプを繰り返します。

1セットの目安は左右10秒間ずつ。

10秒で何回ステップを踏めるかやってみても良いと思います。

 

ポイント

参照「overtimeathletes」youtube

ブレーキとアクセルを連続して行う為、ポイントとなってくるのは、次の動作をイメージして重心をどこにおくかだと思います。

 

腰の位置はなるべく左右に大きく振られることなく、骨盤を傾けるイメージで軸足を素早く動かし、マーカーに対して斜めにブレーキとアクセルを踏むイメージです。

 

また、素早くやろうとすればするほど、腰の位置が高く上がってきます

 

私の場合、連続した素早い動きを行うには、腰を少し落とした状態で、腰の高さをキープする為に、股関節周りの動きや股関節でクッションとアクセルの感覚をとるイメージで行なっていました。

 

動画の選手のようにうまく上半身や腕を使えるとより良いですね。

 

まとめ

片足になっただけで一気に体を素早くコントロールできる能力が低下するのを感じます。

 

下半身などのウエイトトレーニングと組み合わせたトレーニングメニューとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

また、ボディウエイトで思ったスピードで対応できない場合は、下半身の強化目安にしてみるのも良いと思います。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「overtimeathletes」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

瞬発力

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事