スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【動きの俊敏性を養おう!】股関節を意識したパワーコントロールとステップワーク

 

今回ご紹介するトレーニングは素早い切り返しやステップワークを意識したアジリティメニューです。

 

スクワットやデッドリフト、クリーンなどヘビー系のウエイトトレーニングを行った後に取り入れることで、お尻やハムストリングス、股関節周りに瞬発系の良い刺激を感じることができます。

 

特に股関節周りでパワーをコントロールする感覚を得られるのでオススメです。

 

それでは早速トレーニング動画を参考にしながら見ていきましょう!

 

トレーニングの方法

参照「overtimeathletes」YouTube

写真のように、身近かにある白線やラインを利用して左右にステップを踏んでいく簡単な動作です。

 

10秒間で連続して素早く両足でステップを踏んでいきましょう。

 

ポイント

体が棒のように真っ直ぐな姿勢でやろうとすると、足首から下だけを使ったトレーニングになってしまい、スピードも出なくなります

参照「overtimeathletes」YouTube

写真の選手のように、上半身及び重心はセンターラインの位置をキープした状態で、腰を軽く落とし、股関節を軽く屈曲させた姿勢で行っていきます。

参照「overtimeathletes」YouTube

そうすることで、着地時のパワーの衝撃を股関節で受け止める感覚、地面を蹴る際に股関節からパワーを発揮する感覚が得られます。

 

動画を見ると、太ももから下はほとんど変えずに、股関節周りを中心に素早く下半身を動かしているのがわかるかと思います。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

腰の位置は変えずに、股関節のクッションとパワーの発揮を意識しながら上半身をうまく連動できるととても素早く、かつ安定した姿勢で実施することができます。

 

股関節を意識したパワーコントロールはサッカーのプレーシーンにおいても切り返し時やステップワーク時の身のこなしに繋がってくると思いますので、身に付けたい感覚の1つだと思います。

 

是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「overtimeathletes」様の貴重なyoutube作品です。

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

アジリティ

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事