スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【攻守ともに動き出しを養おう!】RCDマジョルカ実践リアクションドリル

 

久保建英選手がレアル・マドリードからローン移籍をしていることでも有名な「RCDマジョルカ」の選手が実践しているリアクションドリルのご紹介です。

 

リアクションドリルですが、攻撃の選手にとってもステップワークで相手を引き離す動きを養うことができるので、攻守ともにトレーニングになるメニューです。

 

守備の選手はもちろん、いかなる動きにも瞬時に対応できる能力を養う上でオススメです。

 

是非、動画を参考にしながらチェックしていきましょう!

 

トレーニングの方法

参照「RCD Mallorca」youtube

画像のように、攻守が向き合った状態で幅2mほどのグリットをマーカーで作成します。

参照「RCD Mallorca」youtube

また、グリッドから5mほど離れた場所左右にマーカーを設置します。

 

2m幅の中で、攻撃の選手は正面の選手を引き離すようにフェイントを加え、5m先に設けた左右どちらかのマーカーまでスプリントします。

 

5mのマーカーの間で、攻撃の選手は守備の選手に捕まらないように、守備の選手は攻撃の選手を捕まえるように実施していきます。

 

ポイント

攻撃の選手

攻撃の選手は、なるべくフェイントに時間を要さないよう端的に相手を引き離せるよう実施します。

参照「RCD Mallorca」youtube

この選手であれば、背後から見ていると、右手を少し上に上げた程度で相手を引き離しにかかっています。

参照「RCD Mallorca」youtube

参照「RCD Mallorca」youtube

守備の選手

参照「RCD Mallorca」youtube

守備の選手は、相手の選手のフェイントに対して重心がゆらゆら揺さぶられてしまうとリアクションが遅くなってしまいます。

 

左右どちらへでも反応できる状態を常に意識しながら、リアクションを心がけます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

動画を見てもお分かりの通り、攻撃の選手にとっても、しっかり振り切る必要があります。

 

正面に相手を置いた状態で端的に相手を引き離すのは意外と大変だと思いますので、リアクションする側ではなく、攻撃側もトレーニングやウォーミングアップの一環として取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

また、左右ではなく、背後に抜き去る事を目的としたリアクショントレーニングもありますので、良かったらこちらも参考にしてみてください。

アメフトに学ぶ|ドリブルで抜かれないDFになるためのトレーニング
アメリカンフットボール選手が取り入れているディフェンストレーニングをサッカーの守備力向上に役立ててみましょう。ドリブルで仕掛けられた際の対応能力を高めるためのトレーニングです。

是非、参考にしてみてください。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「RCD Mallorca」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

アジリティ

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事