スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

ドリブルに欠かせない俊敏性は「パパパパパ」で鍛えよう!

 

今回ご紹介するのは、ドリブルに欠かせない俊敏性トレーニングを行う上で意識したいポイントをご紹介します。

 

野球界のミスターこと、嶋茂雄元読売ジャイアンツ監督のことはご存知の人も多いと思いますが、長嶋監督が指導の中でよく擬音語を利用していたことはご存知ですか?

 

例えば、バットのスイングを「ブン」とか、「ビュッ」と振るんだ!という指示をよく使います。

長嶋監督のような擬音語を用いた指導や意識はサッカー選手に必要な俊敏性を高めるトレーニングでも非常に有効です。

 

参照「Fédération Française de Football」youtube

ご紹介する動画はフランス代表が行なっているアジリティトレーニングですが、コーチがしきりに声にしているのは、「タタン、タタン、タタン」「パパパパパ」などのリズムを表す表現です。

 

なぜ、リズムが大切かと言うと、脳で刻んだリズムで体は反応しようとします。

例えば、イメージしたリズム以上の俊敏性を出そうと思えば、まず脳で今まで以上の早いテンポのリズムを捉え、指令を体に送りますよね。

もちろん、イメージしたリズム通りに体が動かないこともあります。

 

それでも、そのイメージしたリズムに体を合わせていくことが、俊敏性を高めていくトレーニングになります。

 

参照「Fédération Française de Football」youtube

ちょっと馬鹿らしい話かもしれませんが、

「タタン」「タタン」「タタン」、「パッパッパッパ」など、口に出しながら、理想イメージを頭に入れ、体を動かそうとする意識は俊敏性を高めるトレーニングではとても大切です。

 

恥ずかしがらず、声に出して、周りの選手よりも早いテンポリズムを頭に刻みながら、体に新しいリズムを刻み込んでみてください。

 

※こちらの動画は「Fédération Française de Football」様の貴重なyoutube作品です。

 

 

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

アジリティ

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事