スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【強いヘディングシュートが打てない】そんな時は腹斜筋肉を鍛えよう!

 

せっかく良いクロスボールが上がってきても、ヘディングをした瞬間、クロスボールの勢いはどこへやら・・・

ボールの勢いを吸収してしまったことはありませんか?

 

足でトラップする時に力を抜いて吸収させるようにトラップするのと同じで、ヘディングの場合は体幹が緩んでいるとボールの勢いを吸収してしまいます。

 

強いヘディングを繰り出すにはしっかりとした体幹が大切になります。

中でも下記写真のようなFW選手がよく使うヘディングフォームの場合は腹斜筋も重要になってきます。

ゴールに対して横向きのヘディングシュート。
参照「Bundesliga」youtube

 

 

上記のようなヘディングをイメージしながら

腹斜筋を意識した体幹トレーニングを行なってみましょう!

 

腹斜筋には内腹斜筋外腹斜筋があります。

双方ともに、ヘディングには必要な筋肉で、今回ご紹介するトレーニングでは双方ともに鍛えることができます。

 

①:体幹で有名な「サイドプランクのポーズです」

サイドレイズ
参照「Fédération Française de Football」youtube

初めは、何も持たずに、足も動かさずに自重で行いましょう!

 

②余裕が出てきたら、ダンベルを用いて、足の動きも加えて行いましょう。

レベルアップバージョン
参照「Fédération Française de Football」youtube

より、地面に近い方の腹斜筋に刺激が入ります。

空中でボールを惹きつけるまでの姿勢、ボールをインパクトした後のフォロースルー、共に必要な筋肉です。

動画は、全体トレーニングの中での抜粋なので短時間の動画ですがサッカーフランス代表のトレーニング動画です。

参考にしてみてください。

 

※この動画は「Fédération Française de Football」様の貴重なyoutube作品です。

 

 

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

フィジカル

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事