スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

大久保選手のようなキレッキレのプレーを身に付けたい時にオススメ【自分の体をコントロールするトレーニング】

 

キレのある動きやフェイントで相手を抜き去りたい!攻撃の選手なら誰しもが一度は思ったことがありませんか?

Jリーグの選手でいえば、大久保嘉人選手はトップクラスのキレの持ち主だと思います。スペイン1部マジョルカ時代のキレッキレのプレーをみた時は見惚れたことを覚えています。

 

ではどうすればキレのあるプレーを手に入れられるのか?

 

とにかく下半身を鍛えれば良いと感じる人も多いかと思いますが、私は体をコントロールすることが大切だと感じています。

私も現役時代、スクワットのパワーを意識して、重い重りをあげることに注力した結果、動きが重くなった経験があります。その経験から明らかになったのは、キレを生み出すためには重さを挙げるだけではダメだということでした。

 

【自重をコントロールすることを意識して「キレ」を生み出す】

ホッケー選手が行うトレーニング動画を参考にしてトライしてみましょう。

 

 

意識すべきポイントは2つ

 

①:サイドステップの勢いをしっかりと下半身でコントロールする

参照「kbandstraining」youtube
グラつかないようにコントロール

サイドステップで生み出される横の動きを片足でしっかりと吸収し、体を安定させなければなりません。この時に、動きを足で受け止めきれずに外に倒れてしまうのはNGです。

体が外に倒れるということは、体の勢いをコントロールできておらず、次の動きに移る前に体が浮かび上がってしまい、次の動作が遅れます。結果、キレがなくなるということです。

 

②:しっかりと停止した後、踏み出す一歩は強く!

参照「kbandstraining」youtube
一歩めの爆発力を意識

一歩めは低姿勢から爆発的な力を意識することで緩急を生み出すトレーニングになります。また、しゃがんだ低姿勢の状態からでは負荷が強くかかるため、自重でも十分トレーニングになります。

 

慣れてきたら、横のステップの動きを徐々に早くしていきましょう。

スピードが出るに連れて、①のシーンでの自重をコントロールする負荷が増します。トップスピードでコントロール出来るようになってくると、自分の生み出すパワーや自重を自由自在にコントロールすることができ、「キレ」(緩急)を生み出すことができます。

 

「キレ」が欲しい選手は参考にしてみてください。

意外とコントロールできないものです。

似たようなトレーニングをロッベン選手も行なっています。

こちらは、キレを生み出すために「止まる」技術を意識してみてみましょう!

【動きに緩急をつけたい選手にオススメ!】ロッベン選手の一瞬で止まる技術を意識したトレーニング
今回ご紹介するトレーニングは、サッカー選手に欠かせない緩急を生み出す上で大切な、止まる技術を養うトレーニングです。

 

 

※この動画は「kbandstraining」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

アジリティ

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事