スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

ロッベン選手の「腰」を使ったサイドステップトレーニング【スピードとパワーを生み出す】


今回ご紹介するのはロッベン選手腰から動きだすサイドステップトレーニングです。腰からしっかりと移動することで、動きのキレのアップやフィジカルコンタクトの強化にもつながります。

トレーニングのポイントと一緒に腰から動きだす感覚をイメージして行なってみましょう。

 

単純なサイドステップの動きですが、下半身だけで動きだすと上半身が遅れてついてくるため、素早い動きができません。逆に上半身が先行してしまうと、体勢が崩れて2歩目の動きだしスピード遅くなる可能性があります。

些細なことですが、しっかりと腰から動き出すイメージを覚えましょう。

それでは、動画を参考に見ていきます。

 

 

腰から動き出すイメージで

参照「tz.de」youtube

腰を中心に動き出すことを意識して、同時に上半身も腰と連動して腰と下半身に遅れることなく移動していることが動画で確認できます。

さらに、腰にチューブで負荷をかけることで、腰からしっかりとパワーを生み出しています。負荷をかけることで、自分の体重+負荷をコントロールできる筋力を養い、負荷がない状態での動き出しのキレを高めていきます。

 

 

腰とお尻でピタッと止まるイメージで

 

参照「tz.de」youtube

動き出しの逆パターンです。

腰から移動するという意識は同じですが、逆パターンは動き出しではなく、ストップを意識して行います。

チューブを持つ人の方へ動くと同時に、チューブを持つ人は手前に引っ張ることで、止まった時にチューブでロッベンの進行方向へ引っ張る負荷をかけていきます。

ストップの安定性を高めることで、次への動き出しのスピードや体勢が整い、キレとともに、バランスを崩さない動きを身につけることができます。横方向にかかる力をしっかりと腰とお尻で止められる(コントロールできる)ように行っていきましょう。

 

 

なぜ負荷をかけるのか?

トップスピードから急に切り返しを行う際や、相手のチャージにより、自分の体重が生み出す負荷以上の負荷が試合ではかかるケースが沢山あります。そんな中でもしっかりと体をコントロールしてキレを出せるように自重以上の負荷をかけたトレーニングで試合に備えておきましょう。

 

 

ワンポイントアドバイス

このトレーニングは動き出しや切り返しのイメージでお話しをしてきましたが、相手に体をぶつけるフィジカルコンタクトの強化にも有効です。体の入れ合いになった際に、腰からしっかりと踏みこめることで、相手のチャージに対して重いチャージを生み出せます。

フィジカルコンタクトへの強化も意識して取り組んでみてください。

 

 

以上、

器具(チューブ)が必要なトレーニングですが環境が揃う方は是非取り入れてみてください。器具がない方も、腰から動かす動きを意識してみてください。

 

また、フィジカル強化を目的として体を大きくしたい選手はこちらも読んでみてください。

体が大きくなる選手とならない選手の違いについて書いた記事です。

体づくり「見落としがち」だけど大切なポイントです!

体が大きくなる選手は消化・吸収が違う! - アスリートコレクション
食事もトレーニングもしっかりしているのに「体が大きくならない」「理想の体にならない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか? 今回はそんなアスリートに酵素サプリメント「ASE Light」をご紹介します。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「tz.de」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

瞬発力

    SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

    SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

    • 疲労へのアプローチ!
    • 食事方法で差をつける

    体づくりのヒント

    この記事を見ている人はこんな記事も見ています

    サッカートレーニングの新着記事

    スポーツ栄養の新着記事