次世代のトップアスリートのためのスポーツメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

アスリート愛用のサプリはコチラ

【当たり負けしないフィジカルを養おう!】インテル実践・ダンベルランジ

今回は「当たり負けしないフィジカル」を作る上で欠かせない体幹と下半身の連動を意識したインテルの選手が実践しているトレーニングをご紹介します。

強いフィジカルを作る上でを意識してどんなに体幹トレーニングを行っても、他の部分との連動がなければ機能しません

動きの質を高め強いパワーを生み出す上でも、体幹と下半身の連動はとても大切な要素なので、是非一緒にチェックしてみましょう!

 

トレーニングの方法

参照「Inter」YouTube

◆ダンベルを1つ準備

◆右手にダンベルを持ち、まっすぐ上に

◆足幅は自然体

動作の解説

参照「Inter」YouTube

持ち上げているダンベルを地面へ落下させるイメージでダンベルを下へ降ろす。

と同時に、左足を前に出してランジの姿勢をとり、写真の様にダンベルを肩の位置で受け止めます。

この繰り返しです。

 

ポイント

ダンベルは「お尻」で受けるイメージ

フィジカルコンタクトや切り返しなど、体の動きをコントロールする上で、お尻で受け止めお尻で瞬発力を生み出す感覚は大切なので、お尻を意識して行います。

 

ダンベルを受けた際に体勢を崩さない

ダンベルを受け止めた瞬間は、前後に足をずらしたスタンスで受け止めるため、左右へのバランスを崩しやすい状態になっています。特に左足を前に出している場合は、右手方向へ押されるとバランスを崩しやすいですよね。

ダンベルを受けた瞬間は、体幹がしっかりしていないと、上半身が右へ傾いて、バランスを崩してしまいますよ。

しっかりと体幹に意識を置きブレない軸をイメージして取り組んでみてください。

 

まとめ

普段何気なくやっているランジトレーニングでも1つ手を加える事で、体幹と下半身の連動を意識しながら行う事ができます。

「動作中のフィジカルを強化しよう!レアルDFダニエル・カルバハル実践」の記事でも下半身・体幹・上半身を連動させる事について紹介しましたが、下半身だけしっかりしていても上半身にコンタクトを受け下半身と体幹が連動していなければ、強さを発揮できません。

鍛える」と言う要素と、「使えるようにする」と言う要素をトレーニングに取り入れていくことも大切ですね。

是非参考にしてみてください!

 

ダニエル・カルバハル連動系トレーニング

【動作中のフィジカルを強化しよう!】レアルDF「ダニエル・カルバハル」実践 - アスリートコレクション
今回は、スペイン代表でありレアル・マドリードに所属するダニエル・カルバハル選手(DF)が実践するトレーニングをフィジカル強化を目的に取り入れてみよう!

 

 

※今回ご紹介した動画は「Inter」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

フィジカル

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

編集部オススメの記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事