スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【オフザボールの質を養おう!】スピードスターロッベン実践

 

ボールを持っていない時の動きの質はサッカー選手にとって欠かせない質の1つですよね。

今回は上半身の可動域から考えるオフザボールの動きの質をご紹介します。

 

今回のトレーニングはスピードスターロッベン選手が実践しているトレーニングを参考に、下半身をしっかりと進行方向へ向けながらも、上半身を回旋できる可動域を養って行きます。

 

例えばこんなシーン

背後から来るボールを見ながらのダイアゴナルラン(斜めに走る)の際に、上半身はボールの出どころを確認するために開いた状態で、下半身は蛇行することなくしっかりとスプリントできると良いですよね。

ボディーバランスを養う上でも可動域を高めることは大切だと思います。

それでは早速

動画を参考にしながらみて行きましょう!

 

トレーニングの方法

参照「tz.de」YouTube

一歩ずつステップを踏みながら実施して行きます。

左足を大きく前に踏み込みます。

踏み込んだ左足の横に上半身を倒して右手をつきます。

参照「tz.de」YouTube

下半身を安定させた状態で左手を上げ、上半身を回旋して行きます。

これを左右交互に実施して行きます。

 

ポイント

参照「tz.de」YouTube

上半身を回旋させる際に、体重が片方にかかり過ぎることが無いように、股関節を中心としてしっかりと下半身を安定させた状態で回旋動作が行えるよう意識します。

 

まとめ

参照「tz.de」YouTube

足を前に踏み込んだ状態で回旋動作を取り入れているので、前回ご紹介した「【プレーの幅を広げるしなやかな体を養おう!】上半身回旋の可動域を広げるトレーニング」より、より走っているシチュエーションに近い状態になると思います。

意外と可動域が少なく、固い人も大きかもしれませんね!

 

より分かりやすい解説

水泳選手が行っているトレーニングですがロッベン選手のトレーニングをより詳しく理解するためにオススメです。

多ジャンルの情報を得ることも大切なことですね!

是非参考にしてみてください。

【陸上で安定したローテーション動作を養おう】ソラシックローテーション - アスリートコレクション
今回は胸椎回旋の動作に加えて、股関節回旋の動きにも意識を向けたトレーニングを紹介します。 クロールの泳動作の中で、胸椎回旋やヒップローテーション(骨盤の傾き)の動作は非常に大切な動きですが、その際に股関節をしっかりと可動させ、キックを常に下方向へ打つことで、安定した姿勢を作ることができます。

 

 

※今回ご紹介した動画は「tz.de」様の貴重なyoutube作品です。

 

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

スピード

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事