トップアスリートのための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

アスリート愛用のサプリはコチラ

【緩急を生み出す為に「ピタッ」と止まる技術を意識しよう!】FCシャルケ実践

 

キレッキレだね!」と言う言葉を聞いたり、使ったことがある人も多いのではないでしょうか?

サッカーにおいて「キレ」のあるドリブルや動きは武器になりますよね。

そして、このキレを生み出すにはどうすれば良いか?

瞬発的なスピードはもちろんですが、「止まる技術」も非常に大切だと思います。

 

緩急の差があればあるほど、キレ味鋭いドリブルも可能になります。

今回は「キレ」を意識して、「止まる技術」を意識したトレーニングをご紹介します。

 

以前、元日本代表の内田篤人選手が所属していたFCシャルケのトレーニングです。

止まる技術を意識したウォーミングアップメニューとしてオススメです。

それでは早速動画を参考にしながら見ていきましょう!

 

トレーニングの方法

参照「Tomek Bo」YouTube

写真のようにミニハードルを配置します。

ミニハードルの端から前方方向にスプリントの目安としてマーカーも配置します。

動きは、サイドステップで素早く移動し、最後は一度溜めを作ってから前方向に一気にスプリント。

 

ポイント

参照「Tomek Bo」YouTube
瞬時に切り返すパターン

参照「Tomek Bo」youtube
良い姿勢で溜めを作る

参照「Tomek Bo」YouTube
タメから一気にスプリントに入る

瞬時に切り返す場面(写真1枚目)と、タメを作って切り返す(写真2枚目)動き出す場面(写真3枚目)を設けて違いを持たせると良いと思います。

サイドステップのスピードが上がれば上がるほど、「ピタッ」っと止まるのが難しくなります。

止まっていても、上半身がブレていたり、体勢を崩していたり、、、

次にどんな動きでも瞬時に対応できる体勢で「ピタッ」と止まれるのがいいですね。

 

※4番目にトレーニングを行なっている選手はステップワーク時の状態のバランス、止まった時の状態のバランス(特に上半身)がとても参考になります。

 

まとめ

タメを作らず、止まらずにトレーニングを行なった方が、バランスを崩したりすることがないので、粗も出ません。

ただ、溜めを作ることで初めて、自分のスピードと体をコントロールができている、できていない、の感覚を得られます。

また、相手の動きに合わせてリアクションするには

良い状態で止まり、動き出す。

とても大切なことだと思います。

 

ドリブルのシーンでも、トップスピードから「ピタッ」と止まれれば、目の前でバランスを崩すDFの動きを見て余裕を持って相手の逆を突くことができると思います。

しかも、トップスピードで!

是非参考にして見てください。

 

止まる技術に関してはこちらの記事も参考にしてみてください。

 

 

※今回ご紹介した動画は「Tomek Bo」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

スピード

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事