スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【ポストプレーを強化!】DFを片手で抑えるためのトレーニング

 

今回ご紹介するトレーニングは、DFを背負った状態でしっかりと片手で相手を押さえつけるパワーを養うトレーニングです。

 

FWの選手にとって腕一本分DFと自分との間にスペースがあればどんなプレーでも出来ますよね。プレーの幅を広げる目的や、DFを背負いながらでもシュートを放てる懐を作る意味でも腕を意識したトレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

それでは早速フランス代表のトレーニング動画を参考にみていきましょう!

 

トレーニングの方法

参照「Fédération Française de Football」YouTube

写真のようなジムのダンベルエリアによくあるベンチを活用します。

ベンチをフラットな状態から少し斜めにして高さを出します。

参照「Fédération Française de Football」YouTube

ベンチにうつ伏せになった状態でバーベルを体に引き付けるように挙げていきます。

ベンチプレスの逆のイメージですね。

 

ポイント

肩甲骨の動きを意識して引き上げ

◆肩甲骨を真ん中に引き寄せるイメージ

ベンチプレスでは、肩甲骨から押し上げるイメージで行いますが、その逆を意識して行なっていきます。

 

プレーシーンとのリンク

半身の状態でDFを背負っている場合、相手が自分の懐に入ろうとする力に対してしっかりとブロックするには、懐から外へ押し出すパワーが必要ですよね。

このトレーニングもバーベルは懐にありますが力のベクトルは肘を懐から外へ押し出す方向になります。

そんなことを僕はイメージしています。

 

まとめ

ウエイトトレーニングとなるとベンチプレスや腹筋など、体の前側を鍛えるトレーニングが多くなりがちですが、体のバランスを考えても、背筋や肩甲骨など体の裏側もバランスよく鍛えていくことは大切だと思います。

 

僕は必ず、部位を挟み込むように前と後ろをトレーニングすることを意識していますし、その結果がフィジカルコンタクトの強化に繋がったと実感しています。

 

まだあまり体の裏側を意識していない選手は是非、フィジカル強化を意識して体の裏側にも目を向けてみてはいかがでしょうか。

参考にしてみてください。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「Fédération Française de Football」様の貴重な作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

フィジカル

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事