スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【インテルのトレーニングで自分のキレをチェックしてみよう!】意外と横の動きに弱いかも?


 

今回ご紹介するトレーニングはインテルの選手がジムセッションで実践しているトレーニングを元に、自分の横への動きに対する対応能力を確認してみましょう!

 

このトレーニングは自重で簡単に行うトレーニングですが、横方向の動きは自分のボディウエイトであっても意外とピタッと止められない人も多いと思いますよ。

この能力は動きの「キレ」にも影響が出てくるので自分の状態を知り、改善ポイントを見つける上でも挑戦してみてください。

それでは早速トレーニングの方法を見ていきましょう!

 

トレーニングの方法

参照「Inter」youtube

基本的な動作はボックスジャンプトレーニングです。

ボックスがない場合は、丁度良い段差を見つけて行なってみてください。

 

◆ボックスの横に立つ

◆上半身、骨盤、は真正面を向けた状態で真横にジャンプしてボックスに飛び乗る

◆ボックスに飛び乗ったら「ピタッ」と両足で着地しましょう!

 

トレーニングのポイント

参照「Inter」youtube

◆ジャンプするときに、上半身や骨盤が横を向かないように注意

◆ボックスに着地した瞬間、下半身や上半身がブレないようにパワーを下半身でスムーズに殺す

◆着地の際は上半身の姿勢も意識(下半身に意識が集中しない)

 

このトレーニングでは、ボックスの上で着地する際に、横方向のパワーが加わります

何も意識せずに着地しようとすれば当然、横にヨロついてボックスから落ちてしまいます。

ボックスから落ちないように、「ピタッ」と止まりましょう

 

上級編

参照「Inter」youtube

慣れてきたら、ジャンプする位置をボックスから離してみてください。

ボックスからスタート位置を離すことで、より横方向へジャンプするパワーが必要になると同時に、着地した際に横方向にかかるパワーが強くなります

横方向へのパワーが強くなった時でもしっかりとパワーを収められるようにトレーニングしていきましょう。

 

まとめ

ボディウエイトをコントロールできることは、プレーの「キレ」につながります

動作の中では感じることができないかもしれませんが、いざこうして「ピタッ」と止まろうとすると難しかったりします。

プレー中はもっとスピードやパワーが加わった状態で、止まったり、切り返したりする動作が必要です。

まずは自分の状態を把握して、改善点を強化してみると良いですね。

是非参考にしてみてください。

 

同じく、横方向のパワーで「ピタッ」と止まるステップワークトレーニング

スピードスターロッベン選手実践しています。

こちらも参考にしてみてください。

 

※今回ご紹介した動画は「Inter」様の貴重なyoutube作品です。

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

瞬発力

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事