スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

アメフトに学ぶ|ドリブルで抜かれないDFになるためのトレーニング

 

今回は、アメリカンフットボーラーが実践するディフェンス力を高めるためのトレーニングです。

サッカーのシーンでも相手のドリブルに対応するために必要なスキルなので挑戦してみましょう。

 

トレーニング方法:腕を使わずに取り組んでみよう

・攻守を決めて取り組みます。ボールは使いません。

・攻撃の選手と守備の選手は2mほど距離をとって向かい合わせにスタンバイします。

・攻撃の選手は守備の選手をフェイントを入れながら抜き去ることを意識しましょう。

・守備の選手は相手のフェイントに体制を崩すことなく、ギリギリまで背後を取られることなくリアクションしましょう。

※守備の選手は手を使わないように後ろで手を組んでおきましょう。

 

ポイント:体の正面でしっかりと相手を捉えること

参照「kbandstraining」youtube
しっかりと正面で捉える

守備の選手は手を後ろで組んでいるので、相手のステップワークやフェイントで重心や軸がブレないように意識しながら相手の動きを体でしっかりと捉えるようにリアクションしながらディフェンスしましょう。

細かいバックステップを踏みながら左右にリアクションする能力が問われます。

チャンスがあれば相手との間合いを詰めて、相手の体を自分の体で捉えるのも1つです。

 

まとめ:ドリブルで逆を取られても抜かれない能力をつけよう

サッカーのシーンでは、ドリブルを仕掛けてくる相手に対してしっかりと抜かれないようにリアクションすることが大切ですが、フェイントで逆をつかれた時も瞬時に反転して、抜ききられない、しっかりとついていくためのステップワークや反転スピードを養っておくことも大切です。

アメリカンフットボールのトレーニングはサッカーでも役に立つトレーニングが沢山ありますので、スポーツの垣根を超えて使えるトレーニングは積極的に取り入れると面白いですよ。

 

※この画像は「StudentSports」様の貴重な作品です。

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

アジリティ

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事