スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【ウォーミングアップにオススメ!】LAギャラクシーが行う全身を効率よく動かすアップメニュー


以前デイビット・ベッカム選手も所属していたロサンゼルス・ギャラクシーウォーミングアップをご紹介します。

非常にバランスのとれたウィーミングアップなので是非参考にしてみてください。

全部で11種類のウォーミングアップですが、前後左右斜め、全ての動きがとい入れられていますので、下半身から上半身までしっかりとプレーに必要な部分に刺激を与えてフォーミングアップすることができます。また、股関節周りを意識的に動かすトレーニングも含まれていますのでオススメです。

選手やチームでそれずれ、ウォーミングアップのルーティーンは決まっている部分も多いともいますが、良いものは積極的に取り入れてみると良いと思います。

それでは、動画を参考に種目を見ていきましょう!

 

LAギャラクシーのウォーミングアップ

参照「LA Galaxy」youtube

はじめに約3分間くらいジョギングを入れましょう。

その後に、2列で約15 yeard(約13m-14m)の距離をマーカーで設定して行いっていきます。

1,Diagonal Shuffle Forward

サッカーではよくある動きです。内転筋への刺激などを感じながら可動域を広げていきましょう。

2,Diagonal Shuffle Backward

こちらもディフェンスシーンでよくあるステップです。股関節周りを意識して行いましょう。

3,Lateral Shuffle with Arm Swings

フィジカルコンタクトやバランスで必要な肩周りも動かしていきましょう。

4,Forward Skip with Arm Swings

肩周り、特に肩甲骨を動かしていきましょう。

5,Backpedal & Backpedal with Reach

ハムストリングスへの刺激を軽く入れましょう。なるべく遠くへ足を運ぶ事を意識して!

6,Side Shuffle to acceleration- Change of direction

サイドステップからの動き出しを意識して必要部位を温めましょう。

7,Lateral Forward & Backward - Change of direction

前後、斜めの切り返しの動きで股関節周りと腿前、ハムストリングスを温めましょう。

8,Lateral Skip

リズミカルに股関節の可動域を確認しながら刺激を与えましょう

9,Side Shuffle form base

腰を落として足はすり足を意識して少し負荷をかけながら行いましょう。

10,High Knees & Butt kickers

大臀筋の伸びと腸腰筋の引き上げ、腿前のストレッチとハムストリングスへの刺激を意識して行います。

11,Hip Swing & Leg Swings

ブラジル体操に出てきますね。股関節周りの可動域の確認と大臀筋のストレッチを意識して行いましょう。

 

 

以上、是非取り入れてみてください。

※こちらの動画は「LA Galaxy」様の貴重なyoutube作品です。

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

運動能力

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事