スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【育成年代にオススメ!】勝ち負けを意識したゲーム感覚メニュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mauro Sandri(@mauro.sandri)がシェアした投稿 -

 

育成年代では、勝負へのこだわりが薄いなーと感じている指導者の方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、育成年代の選手でもゲーム感覚で「勝ち負け」を意識しながら楽しめるメニューをご紹介します。

 

ブラジルでは勝負への拘りが強い選手が多いので、勝負事はいつもバチバチですが、楽しみながら取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

トレーニングの方法

参照「mauro.sandri」instagram

グループで、手を繋いでリフティングをして落とした人は罰ゲーム、最後まで残った人が勝ちです。

レベルに合わせて、ワンバウンドOKやタッチ数制限など取り入れるとより効果的です。

参照「mauro.sandri」instagram

落とした人は罰ゲームでジャンプや腕立てなど簡単なものを取り入れると良いです。

 

ポイント

手を繋いでいるので、体の移動が制限され、タッチが難しくなります。

 

グループの人数は5〜8人がちょうどいいと思います。多すぎると何もしない時間が多くなるので!

 

応用編

もう少し負荷をかけたいという方は、両サイドにコーンやラダーを設置して、落とした人に対して罰ゲームのメニューを工夫するとよいと思います。

 

まとめ

僕も選手なのでこういう楽しいアップだと練習にリラックスして入ることができ、ゲーム感覚でモチベーションも上がってきます

 

競争心を楽しみながら養うという意味でもオススメです。参考にしてみてください。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「mauro.sandri」様の貴重なinstagram作品です。

The following two tabs change content below.
中嶋脩太郎
AMIGO FUTSAL/RD U15/RAD FUTSALCULB NAGASAKI U18/エスタジ佐世保/U18長崎県フットサル選抜/長崎県フットサル選抜/2017-2018年intelli paraiso(ブラジル)/2019年santa coloma B(スペイン)
中嶋脩太郎

最新記事 by 中嶋脩太郎 (全て見る)

運動能力

    SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

    SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

    • 疲労へのアプローチ!
    • 食事方法で差をつける

    体づくりのヒント

    この記事を見ている人はこんな記事も見ています

    サッカートレーニングの新着記事

    スポーツ栄養の新着記事