次世代のトップアスリートのためのスポーツメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

アスリート愛用のサプリはコチラ

【コンビネーションへ繋げよう(3)】チェンジオーバー

 

ワンストロークサイクル中のローテーション動作と、左右のストロークとのタイミングを学習するドリルワークです。肩のラインよりも前(頭側)で、左右の腕を入れ替えるようにし、ローテーションとのタイミングを合わせて、ワンストロークサイクルで大きな推進力を生み出していきます。動作中にフラットになる時間があることを、認識しながら取り組めるとなお良いでしょう。

 

目次

①水中正面から見たポイント

②陸上正面から見たポイント

③水中横から見たポイント

④陸上横から見たポイント

 

①水中正面から見たポイント

ハーフチェンジオーバーと同様に、肩のラインよりも前(頭側)で左右の腕を入れ替え、ワンストロークサイクルを行ないます。ローテーション動作も大事ですが、フラット姿勢の局面を認識できるように行ない、ストロークフィニッシュ(プッシュ)でローテーションと合わせて力強く水を押していけるとよいでしょう。

ローテーションで身体が傾いた状態でも、キックを水底方向へ打ち、姿勢を安定させます。ストロークは、指先を水底へ向けて、真っ直ぐな線を引くようなイメージで行ないましょう。

 

動画で動作を確認しよう!

 

 

②陸上正面から見たポイント

肩のラインよりも前(頭側)で、左右のストロークの入れ替えが行なわれますが、この時に傾いた身体をフラット姿勢へ移行していきます。

右腕(左腕)の入水後に、逆側のストロークで力強く水を押しながら、ローテーション動作を合わせて身体を傾けていきます。ローテーション動作に釣られてキックが左右にブレることのないように、水底へ打ち下ろす意識を忘れずに行ないましょう。

 

動画で動作を確認しよう!

 

 

③水中横から見たポイント

水中横のアングルから、それぞれの動作を確認してみましょう。

◆身体を傾けた状態でも、キック動作は水底方向へ打ち下ろす。

◆身体が安定し、力を発揮しやすいフラットな姿勢局面を認識し、いきます。

◆肩のラインよりも前(頭側)で、左右のストロークを入れ替えるように。リカバリー動作中に、逆側の腕(グライドしている腕)の上腕位置が下がらないように注意します。

 

 

 

④陸上横から見たポイント

水上横のアングルから、それぞれの動作を確認してみましょう。

肩のラインよりも前(頭側)、左右のストロークを入れ替えるように。

◆身体が安定し、力を発揮しやすいフラットな姿勢局面を意識する。

◆身体を傾けた状態でも、キック動作は水底方向へ打ち下ろす。

呼吸動作も、ローテーション動作とストロークプッシュ動作にタイミングを合わせて行ないます。

◆リカバリー動作中に、グライドしている腕の上腕位置が下がらないように注意します。

 

動画で動作を確認しよう!

 

※泳ぎの技術には諸説あり、アプローチの方法もいくつも存在します。このサイトで紹介した情報が全てではありませんので、予めご承知置きのうえ、参考にしていただけましたら幸いです。

The following two tabs change content below.
原英晃

原英晃

元200m自由形日本記録保持者/元400m・800mリレー日本記録メンバー/1998年アジア大会金メダルリスト/2001年福岡世界選手権ファイナリスト/1993〜2015年まで23年連続日本選手権(2011年代表選考会を加算)に出場/40歳を過ぎた現在でも未だ日本の第一線で活躍中の鉄人スイマー/全国各地でスイムクリニックや研修会の講師を務め、ジュニアからマスターズスイマー、トップアスリートまで幅広く指導
原英晃

最新記事 by 原英晃 (全て見る)

クロール

Swimをいいね!して最新情報を受け取る

Swimをフォローして最新情報を受け取る

編集部オススメの記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

水泳の新着記事

スポーツ栄養の新着記事