トップアスリートのための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

アスリート愛用のサプリはコチラ

【正しいストリームラインを作ろう!】

 

正しいストリームラインを作っていくうえで、ポイントとなるのが肩甲骨の位置です。

肩甲骨の正しい位置の作り方については以前ご紹介しましたので、まだチェックできていない人はそちらをご覧ください。

肩甲骨の正しい位置の作り方

>>>https://www.athlete-collection.com/swim/land-training/scapula/

 

方法

肩甲骨の位置を下げ、やや内側に寄せた状態(肩甲骨の下制、内転)を作ってから、両腕を左右に広げていきます(肩甲骨の上方回旋)。

そのまま頭上で手を組み、耳のふちの部分に上腕が当たるようにして、頭を挟みストリームラインを作ります。

 

ポイント

ストリームラインを作った時に、腰が反らないようにドローインを行ない、胸郭と臀部も締めて、横から見た時にまっすぐなラインを作れるように意識しましょう!

※ドローイン:腹式呼吸で呼気とともに腹部を軽くへこませ、そのまま状態を維持したまま、呼吸を繰り返すことができるようにします。

 

ダメな例

肩甲骨が挙上し、肩をすくめるような形(肩をほっぺたにつけるような感じ)は力が入りづらくなり、強いバタフライキック(潜水キック)を打ち込めない可能性があります。形状抵抗を減らす意識はとても大事ですが、極端に肩と首の間のスペースを潰さないように、肩甲骨の位置に注意しましょう!

 

頭の後ろで手を組む形も、背中にくぼみができ抵抗が増えてしまうのでNGです!

 

 

 

 

※泳ぎの技術には諸説あり、アプローチの方法もいくつも存在します。このサイトで紹介した情報が全てではありませんので、予めご承知置きのうえ、参考にしていただけましたら幸いです。

The following two tabs change content below.
原英晃

原英晃

元200m自由形日本記録保持者/元400m・800mリレー日本記録メンバー/1998年アジア大会金メダルリスト/2001年福岡世界選手権ファイナリスト/1993〜2015年まで23年連続日本選手権(2011年代表選考会を加算)に出場/40歳を過ぎた現在でも未だ日本の第一線で活躍中の鉄人スイマー/全国各地でスイムクリニックや研修会の講師を務め、ジュニアからマスターズスイマー、トップアスリートまで幅広く指導
原英晃

最新記事 by 原英晃 (全て見る)

陸上トレーニング

Swimをいいね!して最新情報を受け取る

Swimをフォローして最新情報を受け取る

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

水泳の新着記事

スポーツ栄養の新着記事