スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【しなやかなキックを養おう!】プレスネル・キンペンベ選手実践

 

今回ご紹介するトレーニングはパリ・サンジェルマンの「プレスネル・キンペンベ」選手が実践するトレーニングを参考にご紹介です。

 

キック動作の際には、ボールをしっかり捉える下半身の動きも大切ですが、しっかりと体全体を使って、パワーを生み出すことも大切だと思います。

 

綺麗なキックモーションの選手を想像した時まるで弓矢の弓のように体がしなっているシーンを想像する人も多いと思います。

 

そこで、今回は、キックモーションと同時に指先から足先までしっかりと「しなる」感覚を改めて意識してみてはいかがでしょうか。

 

ウォーミングアップで取り入れることで、体がしっかりと伸びる感覚と「しなる」感覚を得られるので、意識的に取り入れてみるととても気持ちがいいです。

 

それでは、「プレスネル・キンペンベ」選手の動画を参考にチェックしてみましょう!

 

トレーニングの方法

参照「PSG - Paris Saint-Germain」youtube

参照「PSG - Paris Saint-Germain」youtube

◆簡単にステップを踏む

◆右手で右足を掴み、腿前ストレッチの状態を作る

◆同時に、左手を上にあげ体を弓のようにしならせる

この動作を左右交互に繰り返しです。

 

ポイント

参照「PSG - Paris Saint-Germain」youtube

◆上と下に伸びながらしならせる

ただ、上にあげた手と曲げた膝を背後に持っていくのではなく、上下にしっかりと伸ばすイメージを持ちながら弓のようにしならせる意識で行うと背中もしっかりと伸びて気持ちが良いです。

◆片足でしっかりとバランスをとる

軸足でしっかりとバランスが取れないと、うまく弓のようにしならすことができないので、バランスもしっかりと取りながら同時進行していく。

◆リズミカルにスムーズに行う

体の硬さがあるとぎこちなくなるので、リズミカルにできない人は、体の柔らかさの改善なども行なっていくと良いとおもいます。

 

まとめ

以上、いかがだったでしょうか?

是非、ウォーミングアップなどで取り入れてみてください。

 

上半身を意識したトレーニングとして、こちらのトレーニングもオススメです。

一緒に参考にしてみてください。

【スムーズな動きの質を高めよう!】エバートンFCが実践する胸椎回旋トレーニング
イングランド・プレミアリーグに所属するエヴァートンFCの選手が実践している胸椎回旋のソラシックトレーニングをご紹介します。胸椎回旋の可動域を広げることで、キック動作や反転動作など、下半身と上半身が異なる動きをした際もスムーズに素早い体はこびができるように養ってみてはいかがでしょうか?

 

 

※今回ご紹介した動画は「PSG - Paris Saint-Germain」様の貴重なyoutube作品です。

 

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

運動能力

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事