スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【2人1組でスプリントスピードを養おう!】簡単スプリントドリル

 

今回ご紹介するトレーニングは、サッカー選手には欠かせないショートスプリントスピードを養うトレーニングです。

 

実際のスプリント姿勢で、負荷を加えながら行なっていきます。

 

2人1組でパートナーと実践することで、負荷をかけた状態と、負荷から解放された状態をコンビネーションで体感が出来るので、負荷をかけた状態でしっかりと出力する感覚を養い、解放された状態でスピードに乗る感覚を養ってみてはいかがでしょうか?

 

それでは、早速動画を参考にチェックしていきましょう。

 

トレーニングの方法

参照「overtimeathletes」youtube

2人1組で向かい合わせの状態でスタンバイします。

参照「overtimeathletes」youtube

スプリントする人は体を前に少し倒します

参照「overtimeathletes」youtube

負荷をかける人はスプリントする人の両肩に手を当て、軽く支えてあげましょう

 

この状態でスプリントする人は、地面を踏み込み、地面からのパワーを前進するパワーに変えながら体を前に運ぶべく、足をピストンさせていきます。

 

負荷をかける人は、前進してくるパワーを押さえ込みながらも少しずつ後退してあげます。

参照「overtimeathletes」youtube

2〜3mほど負荷をかけた状態で前進したところで、負荷をかけていた人負荷を外してあげスプリントしていた人は、負荷が外れてスピードに乗る感覚を感じながら10mほどスプリントします。

 

ポイント

負荷がかかった状態でも、相手にしっかりと圧力をかけるイメージで、地面からのパワーを前進するパワーに変えるイメージで行なっていきます。

 

負荷が解放された瞬間は、素早くトップスピードまでのせれるように、スピードに乗る感覚を感じなら踏み込んでいきます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

2人1組で行うスプリントトレーニングですが、背後から負荷をかけるパターンもありますので、こちらも参考にしてみてください。

【走るスピードを養う!】一次加速と二次加速を意識して行うトレーニング
 今回ご紹介するトレーニングは器具を使わず、二人一組でできるスプリントトレーニングです。 スプリントの初速(一次加速)と伸び(二次加速)をイメージしてトレーニングしてみてはいかがでしょうか? サッカ…

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「overtimeathletes」様の貴重なyoutube作品です。

 

 

The following two tabs change content below.
中出寛省

中出寛省

ACトレーニングコーディネーター株式会社サモリット
【選手実績】全国高校サッカー選手権大会ベスト16・関東大学サッカー1部リーグ【講演実績】高校サッカーチーム・ラグビートップリーグチーム・ゴールドジム・その他、多数トレーニングジム、チーム、団体

スピード

SoccerTrainingをいいね!して最新情報を受け取る

SoccerTrainingをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

サッカートレーニングの新着記事

スポーツ栄養の新着記事