次世代のトップアスリートのためのスポーツメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

アスリート愛用のサプリはコチラ

【体が大きくなる選手は消化・吸収が違う!】食事指導で実践したいポイント

 

線が細い選手が多い」しっかり食べてるのに「体が大きくならない」「理想の体にならない」と悩んでいる指導者や選手は多いのではないでしょうか?

今回はそんな時に意識したい1つのポイントをご紹介します

 

 

アスリートが見落としがちな食事のポイント

食事面において多くの指導者やアスリートが見落としがちなポイントがあります。

それは「消化」です!

これくらい食べましょう!

プロテイン飲みましょう!

と言い続けているし、実践しているけど変化が現れない。

 

それは、「食べただけで満足している」からかもしれません。

食べたものは、しっかりと「消化」されて初めて、栄養素を体内に「吸収」することができます

つまり、いくら食べても、「消化」「吸収」できなければ意味がない!ということです。

大切なのは消化」する能力と「吸収」できる腸内環境です。

とあるジュニアチームの体験談を1つご紹介します。

 

 

ジュニアチームコーチの体験談

「消化」を意識した食習慣を実践するジュニアチームのコーチからこんなメッセージをいただきました。

 

<体験談> 

体が大きくならない・体重が増えないジュニア選手を抱えるコーチ

 

◆悩み

成長期の子供達が、ハードなトレーニグ期に入ればば入るほど体重が落ち、体の線も細くなるどころか、体調を崩す子が出てきたり、バテやすい子が出てきて、パフォーマンスは上がらず、思うようにトレーニング計画が立てられなくなっていた。

◆消化を意識した結果

消化を意識してから、待ってました!と言わんばかりに体が栄養を吸収し始めた感じです!栄養がしっかり摂れているので、ハードトレーニングにもしっかりついていけるようになりましたし、ハードトレーニングでも体重が減らなくなりました。集中力も続くようになったんで、質の良いトレーニングを積み重ねられるようになってきたんです!

何を食べるか?も大切だけど、どうやって体に取り込むか?は、もっと大切なんですね!

 

まるで、塞き止めていたダムの門を解放した感じですね。笑

 

 

トップ選手も消化の大切さに気がつきはじめている

「消化」と「吸収」の大切さに気がついているのは、上記のジュニアチームだけではありません。

インタビュー記事や書物、ブログなどからも海外で活躍するトップアスリートの中には消化を意識した、食事や栄養補給への意識が感じられます。

 

◆クルム伊達公子(テニスプレーヤー)

「消化に悪いものを避けた食事」をしていると言っています(1)

◆ジョコビッチ(テニスプレーヤー)

グルテンの消化が困難な体質(2)

◆ダルビッシュ有(メジャーリーガー)

消化酵素を取っているとブログに掲載(3)

 

有名な選手の記事やブログからも「消化」というキーワードを見受けられます。

では次は

どうやって、「消化」を意識した食事をすれば良いのか?

一緒に見ていきましょう!

 

 

「消化」を意識した食事を行う4つのポイント

スグに実践できるポイントを4つご紹介します。

・しっかりと咀嚼をして細かく噛み砕いてから食べる

・発酵食品を取り入れる

・生野菜やフルーツを取り入れて酵素を取り入れる

 (例えばパイナップルにはタンパク質を分解してくれる酵素が入っている)

・お魚には大根おろしをトッピングする

 (大根おろしにも酵素が含まれているのでお魚の消化をサポートしてくれます)

いかがですか?

ちょっと意識するだけでも始められますよね!

 

とはいえ、ハードなトレーニングを行い、大量の食事を必要とするアスリートはこれだけでは対応仕切れないケースが沢山見受けられます。

 

 

もう一歩踏み込んだ対応

◆1日の食事回数を増やす

取り入れているトップアスリートも多い工夫の1つです。

1日の食事の回数を細かく分けて摂取することで、1回の食事をしっかりと消化吸収させるようにします。

ただ、カバー仕切れない面もあります。

 

この対策のデメリット

・細かく食事を摂取する準備と手間が必要

・1日の中で休まることなく、常に消化活動が起こる

・1日の消化負担が変わるわけではない

 

少しでも消化活動を休ませてあげる時間を作ることが大切です。

細かく食事を分けて摂取した方が、消化吸収がきちんと行われるのでオススメではありますが、1日で摂取するようは変わらずに、回数を分けているだけなので、全体として消化器官への負担は変わりません

消化器官をしっかり休めてあげることは、疲労回復にも繋がります。

 

 

 

アスリートにオススメしたい消化アイテム

トレーニング量と食事量が多いボディービルダーや水泳選手が取り入れてるアイテムの1つに消化酵素サプリメントがあります。

消化酵素サプリメントは、食べたものの消化をサポートしてくれるので、食事による消化の負担自体を減らしてくれます。

 

日本国内では、消化酵素が正しく含まれたサプリメントは実は決して多くありません

※酵素ドリンクと消化酵素サプリメントは別物です。

さらに、アスリートが安心して利用できるようにドーピング検査まで取得しているとなると皆無に等しくなります。

 

そんな中で、アスリートコレクションがアスリートに是非オススメしたい消化酵素サプリメントがこちらです。

 

プロバイオティクス消化酵素サプリメント ASE Light(アーゼライト)

 

ASE Light(アーゼライト)

 

アスリートが使用する上で欠かせないものを全てカバーしている

◆消化酵素が正しく含まれている

◆国内製造で安心

◆ドーピング検査実施済み

◆トップアスリートが愛用

 

商品の詳細

ASE Light(アーゼライト)

>>>https://www.athlete-collection.com/aselight/

 

 

海外での消化酵素の使い方

日本では、スポーツ選手が「消化酵素」を摂る習慣はあまりありませんが、海外ではプロテインに「消化酵素」が含まれているものも沢山あります。

消化酵素による食事やタンパク質のケアについてはこちらの記事も参考にしてみてください。

海外でのプロテインショップでの会話が書かれていますよ。

記事詳細【どうして海外のプロテインには酵素が入っているのか?】

>>>https://kislip.jp/sports-info/3139/

 

是非、食べても思い通りに体が変わらない人は参考にしてみてください!

 

トップアスリートのアーゼライト使用法

 

 

<参考文献>

(1)橋本 玲子「トップアスリートになる勝つためのスポーツ食BOOK」成美堂出版 (2)ノバク・ジョコビッチ、タカ大丸「ジョコビッチの生まれ変わる食事」三五館 (3)ダルビッシュ有 "サプリメント". YU DARVISH by Ameba. 2014.03.16. https://ameblo.jp/darvish-yu-blog/entry-11798001821.html、(参照2017.07.11)

The following two tabs change content below.
アスリートコレクション編集部

アスリートコレクション編集部

次世代のトップアスリートのためのスポーツメディア「アスリートコレクション」編集部です。
アスリートコレクション編集部

最新記事 by アスリートコレクション編集部 (全て見る)

SportsNutritionをいいね!して最新情報を受け取る

SportsNutritionをフォローして最新情報を受け取る

編集部オススメの記事

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

スポーツ栄養の新着記事