スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【海外と日本のプロテインの違い】プロテインを飲んでも効果を感じない人にオススメ!酵素入りプロテイン

 

日本とオーストラリアのプロテインの違いを感じた体験があるのでご紹介します。

 

サプリメントショップが点在

オーストラリ(シドニー)の街中を歩いていると所々にサプリメントショップを見かけます。

日本ではあまり見かけないのですが、健康志向やトレーニング、ボディーメイク思考が高い方が多い、ここシドニーではこのようなサプリメントショップが存在します。

 

高いプロテインほど酵素を配合している

とある、ショップに入った際に店員さんとの会話の中で質問したことがあります。

同じメーカーのプロテインでもなぜ高い物と安い物があるのか?と・・・

酵素が入っているからだ!」と言われたいのを今でも覚えています。

もちろん、コスト差は酵素だけではないと思いますが、酵素入りは高いということを言いたかったのだと思います。

実は、海外のプロテインの中には「酵素」が配合されているプロテインが結構存在します。

でも、日本のプロテインの中に「酵素」が含まれているものは殆ど見かけません。

 

なぜプロテインに酵素なのか?

コロラド州立大学の調査によると、タンパク質の消化は一部胃で行われることもあるが、消化プロセスの殆どは腸内で行われるといいます。膵臓でプロテイン(タンパク質)の酵素であるプロテアーゼが小腸に放出され、消化作業をスタートされると言われています。

また、筋肉発達の専門家であるHelen Kollias博士によると、

「消化プロセスをより効率的に行うためには、特定の酵素を摂ることで体内でのホエイタンパク質の吸収を改善できる」と言っています。

また、「吸収できなかったタンパク質は脂肪として貯蓄されエネルギーとして使用されるもしくは、排泄される」とも言っています。

詳しくはこちら(英文)

Healthfully
Find your way to better health.

 

つまり、プロテインに酵素が含まれているというのは、タンパク質の吸収を高める目的ということです。

それ故に、海外製のプロテインには酵素が含まれています。

 

こちらは、シドニーのサプリメントショップで見つけた「GNC社」のプロテインのラベル写真です。

ちゃんと酵素として「プロテアーゼ」と「ラクターゼ」を配合しています。

 

プロテインに酵素をトッピング

それ以来、私は自分の好きなプロテインに自分で酵素サプリメントをプラスして使用しています。

そうすれば、無理に酵素入りのものを海外から取り寄せる必要もありません

海外に出てみると、情報が豊富で見方も変わりますね。

是非、体作りの参考にしてみてください。

 

ちなみに、私がプロテインと一緒に愛用している酵素はもちろん

弊社のASE Lightという商品です!

日本でドーピング検査も取得済みの酵素サプリメントは恐らくASE Lightだけだと思います。

酵素と合わせてプロバイオティクスで腸内のケアもできるのでオススメです。

多重活性酵素サプリメント ASE Lightについて


酵母菌・乳酸菌など、7種類の微生物を独自の技術で米ぬかと発酵させ作って活きた酵素を作り出しています。この酵素は日々の食事のケアとかなり相性がいいです。

食事を大切にしたい成長期のジュニア選手や「栄養の吸収」「疲労回復」「試合後のリカバリー」が気になる方にオススメです。

主な含有成分:酵素・ビタミン(B1,B2,B3,B5,B6,B7,B9,C,E)・ミネラル(銅,鉄,マグネシウム,マンガン,亜鉛,セレン)・ベタイン etc
容量:90粒
用法・用量:1日3粒目安→30日
価格:8316円(税込)

ASE Lightの通販サイトはこちらから

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
アスリートコレクション編集部

アスリートコレクション編集部

次世代のトップアスリートのためのスポーツメディア「アスリートコレクション」編集部です。
アスリートコレクション編集部

最新記事 by アスリートコレクション編集部 (全て見る)

SportsNutritionをいいね!して最新情報を受け取る

SportsNutritionをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

スポーツ栄養の新着記事