スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【紫外線対策1】厳しい紫外線による免疫力低下や体へのダメージに要注意!

 

真夏になり、日差しが厳しい日が続くと、紫外線によってこれまで以上に体へのダメージを受けやすいです。

特に屋外でのスポーツは常に紫外線や日焼け対策が必要です。

紫外線対策は、肌が焼けるのを防ぐためだけでなく、体を守り、免疫力を下げないためにもとても重要です。

紫外線を浴びすぎることによる体への影響を知って、しっかり対策することで、コンディションを崩さない強い体を作っていきましょう!

 

紫外線による体への影響

紫外線を浴びすぎると、体への影響が大きいです。

原因は、紫外線を浴びることによって発生する活性酸素です!

 

活性酸素は、本来体の細胞を外部から守るために作られているのですが、活性酸素が増えすぎると、良い細胞にまでダメージを与えてしまいます。

 

紫外線による皮膚や目への影響はよく聞くと思いますが、紫外線の浴びすぎは、免疫力にも影響してきます。

体調管理が大切なアスリートやスポーツ選手は特に注意して、紫外線による体力の低下や免疫力の低下を防いでいきたいですね。

 

免疫力への影響

紫外線を浴びることで、体内に活性酸素が発生します。

活性酸素が発生すると、体内では、抗酸化作用のあるビタミンA・Eなどがの抗酸化物質が  使われるので、体力が消耗し、疲労の原因になります。

 

また、紫外線によって発生する活性酸素は「ランゲルハンス細胞」にダメージを与えることで免疫力が低下すると言われています。

<ランゲルハンス細胞とは>

皮膚に存在し、細菌やウイルス、科学物質などの侵入を感知する役割をもつ細胞です。

異物が体内に入ると他の免疫細胞に攻撃を仕掛けるよう命令を出してくれます。

 

ランゲルハンス細胞は、紫外線を浴びすぎると、十分に機能を発揮することができなくなります

そのために免疫が低下して体調を崩しやすくなったり、感染しやすくなってしまうのです。

・紫外線を浴びる量が少量→浴びた場所だけ免疫機能が働きにくくなる

・紫外線を浴びる量が大量→全身の免疫機能が抑制される

ランゲルハンス細胞は加齢によって減少しますが、紫外線によって減少を促進してしまいます。

 

免疫力の低下を防ぐためには

紫外線による免疫力の低下を防ぐために出来ることは、

しっかり紫外線対策をして、紫外線を吸収しやすい肌や目を守ることです。

 

紫外線量が多い時期は特に、帽子やサングラスの着用、日焼け止めをしっかり塗るなどを心がけることで体へのダメージを減少させることに繋がります。

長時間外でプレーする選手も帽子やサングラスの着用、汗で流れ落ちないウォータープルーフの日焼け止めを使ったりといった対策をしています。

昔に比べて、紫外線への対策意識も高まっていますので、今は女性だけでなく男性でもしっかり紫外線対策をおこなうことが大事です。

肌が焼けるのは気にならないし、日焼け止めは塗ってないという方も、長時間外にいる時や外でのスポーツをする時だけでも、体へのダメージや免疫力低下を防ぐために日焼け止め、帽子、サングラスなどを活用してくださいね。

 

まとめ

紫外線対策をしっかりすることで、少しでも体力の消耗、低下を防いでいくことで、疲労感も違ってくると思います。

夏の間も、良いコンディションをキープし、健康的に過ごしたいですね^_^

 

★食事面からも対策しましょう!

紫外線によって体力が消耗したり、免疫力の低下にも繋がってしまうことを今回お伝えしましたが、食事面もとても重要です。

次回「紫外線対策の為におすすめの食べ物と注意したい食べ物」を紹介します。

特に注意したい食べ物は、今回お伝えしたような紫外線対策をしていても摂取することで紫外線を吸収しやすくしてしまうので、食べる時間帯などがポイントになります。

ぜひチェックしてくださいね^_^

The following two tabs change content below.
アスリートコレクション編集部

アスリートコレクション編集部

次世代のトップアスリートのためのスポーツメディア「アスリートコレクション」編集部です。
アスリートコレクション編集部

最新記事 by アスリートコレクション編集部 (全て見る)

SportsNutritionをいいね!して最新情報を受け取る

SportsNutritionをフォローして最新情報を受け取る

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

スポーツ栄養の新着記事