スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【食べれない子供への対処法!】せっかく作った食事をムダにしない

 

作った食事をゴミ箱に捨てられていたらどうでしょうか?

 

アスリートの子供を持つ親御さんにとって、食事はとても大変な仕事の1つだと思います。

 

食事量やバランスを考え、1日3食、補食を入れればもっと、準備しなければならない。

 

それだけじゃなくて、食が細い子供の場合は、しっかり食べるように子供に教育をしていかなければならない。

 

そんな状況で
作ったご飯がゴミ箱に捨てられたら?
当然、怒りますよね!

 

実際には捨てる子はいないと思いますが、それと同じような事が、現実に起きている可能性があります

 

成長期のアスリートの悩み

特に、食が細くて食べられない選手の親御さんには読んで頂きたい内容です。

 

親御さんにとって、栄養バランスを考えて、手の込んだ献立を考えることや、食事料の多い子供の買い出しや料理はとても大変な仕事の1つだと思います。

 

そんな中で
子供がご飯を食べてくれない。
となると、せっかく作ったのになんで?ってなりますよね。

 

無理にでも食べてもらいたい。
そんな気持ちが込み上げてきて、無理にでも食べてもらっているご家庭も多いと思います。

 

作ったご飯はゴミ箱に捨てられる

無理して食べさせる事で、子供が食べたと思っていたご飯がもし、ゴミ箱に捨てられているとしたらどうですか?

 

ショックですよね?

怒りますよね?

せっかく頑張って作ったのに!って。

 

もちろん、子供が自ら、ゴミ箱に捨てる事はあまりないと思いますので、そんな心配をしたことがない親御さんが大半だと思います。

 

でも、例えばですが
作った食事をしっかりと食べてくれた。
だけど、うまく消化吸収することができずに排便として栄養素が体の外へ出てしまっていたらどうでしょうか?

 

ゴミ箱に捨てるのと、トイレに流すの、大して変わりませんよね。

 

つまり、どれだけ決まった食事を食べてくれたとしても、きちんと消化吸収されていなければ、ゴミ箱に食事を捨てているのと変わらないというお話です。

 

こうなってくると
何のために食事してるの?
何のために頑張ってるの?
そんな気持ちになります。

 

これが、食べれない、体が大きくならないという悩みの1つの要因だと思います。

 

頑張って準備して、頑張って食べている食事が、無駄にしならないためには、その食事に含まれる栄養素をしっかりと消化・吸収して最大限に活かしていけるようにしなければなりません

 

アーゼライトの活用事例

とはいえ、忙しい毎日の中で、消化・吸収しやすい食事を工夫したり、知識をつけて行くのは大変です。

 

そんな時に
アーゼライト」が活躍します。
普段の食事の前に1〜2粒アーゼライトをお水で摂取して食事をするだけです。

 

食事を作る方も、食べる方も、せっかくの努力をゴミ箱に捨てる事がない様に食事からしっかり栄養を吸収する事を大切にしましょう!

 

アーゼライトノ詳しい説明はこちら

>>>アーゼライト商品ページ

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています