スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

【サポート選手契約】フィンスイミング日本代表 髙津奈々

 

この度、株式会社サモリットフィンスイミング日本代表選手である髙津奈々(たかつなな)選手(AQUA FinD所属)とアーゼライトによるサポート契約を結ばせていただきました。

 

髙津奈々選手は(2019年現在)、200mサーフィス、400mサーフィス、女子4×200mサーフィスリレーにて日本記録を所持しており、日の丸を胸に世界と戦うフィンスイマーです。

 

二足の草鞋を強みに!

現在、髙津選手は在学する青山学院大学水泳部クラブチームStyle1競泳のトレーニング、所属するAQUA FinDではフィンスイミングのトレーニングを両立し、競泳とフィンスイミング、二足の草鞋を履く選手です。

 

競泳では日本選手権入賞を目標に日々トレーニングを行い、フィンスイミングでは、2年後の世界大会ワールドゲームズ(第2のオリンピック)に出場し、日本代表として各国の代表としのぎを削る事を目標とされています。

 

世界に挑戦する

二足の草鞋を履き、別の視点から競技を捉えることができるのが髙津選手の強みですが、プライベートでも幼少期から競技として続けていたアルペンスキーやサーフィンなども嗜んでおり、非常に多角的な視点から競技と向き合っています

 

私たち、株式会社サモリットは「健康を通じて世界中の人々の夢や希望を支えたい」というビジョンとともに、世界に挑む髙津選手をサポートさせていただきます。

 

食の悩みに対しても多角的に

髙津選手がアーゼライトに興味を持ってくれた理由の1つが、トレーニング後の栄養補給です。

 

社会人選手や学生選手は特に、学業や仕事との両立で、練習後の食事の時間が遅くなりがちで、遅い時間に沢山食べると、翌朝お腹が重く、朝食が食べれない。などの悩みを抱えているケースが多くあります。

 

髙津選手も同様に、夜の食事に対する悩みを抱えていました。

 

<髙津選手コメント>

小さい頃から続けている水泳や、フィンスイミングの練習は学校の後にあるため、練習終了後に食べる夕食がどうしても遅くなってしまうという点で、栄養素を補給する必要性はわかっているものの、食べてすぐに寝なければいけないので思うように栄養を摂取できていないのではないかという悩みがありました。

 

また、私は食べる量が多いので、内臓に負担をかけたり、食べている割に体を大きくすることができないといった悩みもありました。

 

アーゼライトの活用方法

髙津選手の活用事例をご紹介します。

<通常時>

朝食前1粒、昼食前1粒、夕食前2粒、寝る前1粒

<試合当日>

レースまでの食事前に2粒ずつ、それ以外の食事で1粒

 

髙津奈々選手

競泳:青山学院大学水泳部所属、クラブチームStyle1所属

フィンスイミング:AQUA FinD所属

サプライヤーWONDER YEARS

【SNS】髙津選手のinstagram

 

◆200mサーフィス、400mサーフィス、女子4×200mサーフィスリレーにて日本記録保持者(2019年現在)

◆2016年ユース日本代表

◆2017年〜2019年日本代表

◆2018年世界学生選手権200mサーフィス第2位

◆2018年ワールドカップゴールデンファイナル50mサーフィス第3位

 

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています