次世代のトップアスリートのためのスポーツメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

アスリート愛用のサプリはコチラ

【食べれない選手が見落としがちなコト!】多量の食事を効率的に処理する能力

 

食事で悩んでいる多くのアスリートが食べる事に一生懸命になり過ぎて見落としがち」なポイントがあります。

 

食事で悩んでいるアスリートや指導者、保護者の方も多いのではないでしょうか?

食べる事に一生懸命になり過ぎて、選手に過度なストレスが生じ、マイナスに働いていることもあるのではないでしょうか。

そこで、今回は食の悩みを少しでも解決できるようとても大切なんだけど見落としがちなポイント」につてご紹介したいと思います。

本当に多くの人が見落としがちだと感じていますので、是非参考にしてみてください。

 

<とある海外製商品に記載されていたフレーズ>

高強度のトレーニングはアスリートの体に大きな負担をかけ、たんぱく質と炭水化物を大量に必要とします。アスリートの食事ではしばしば見落とされているのが、摂取する多量の栄養素を効率的に処理する消化機能と腸の健康のサポートです。

 

日本国内で、食事量が増えると同時に消化機能や腸内環境へのケアサポートの必要性について意識しているアスリートはどれだけいるのでしょうか?

 

恐らく非常に少ないと思う。

一方で、上記で記載した海外製品に記載されていたフレーズを読めば、アスリートが行う日々の大量の食事に対して、消化機能と腸のケアは大切な要素になってくる事は容易に想像できるのではないでしょうか?

 

どれだ、良い食事や必要な量の食事を食べたとしても、効率の良い消化作業ができなければ栄養を体内に取り込むことができません

 

消化を意識したプロテイン

消化と吸収を意識した事例の一つとして、海外のプロテインの中に酵素が含まれたプロテインが存在します。

タンパク質は消化に負担がかかりやすく、プロテインの摂取と同時に消化・腸内環境へのケアを継続的に行なっていきたい人向けのプロテインだと思います。

スポーツ選手で胃腸が弱い選手や、疲労が溜まっている人にとっては、単純にプロテインでタンパク質を摂取するよりも、同時に消化への負担が軽減できれば、栄養の吸収や疲労回復の改善にも繋がるという考えです。

 

タンパク質摂取量の多いボディビルダー

これは、実際にボディビルの選手から耳にする悩みですが、減量期に入ると食事が食べられなくなったり、食べると消化不良で腸内にガスが出てしまい、お腹が張ってしまったり、便秘になったりと、タンパク質の消化不良によってコンディション低下が引き起こされることがあると言います。

 

アスリートは乱れやすい

これは、プロテインに限ったことではなく、通常の食事も同じです。

アスリートは必然的に食事量も増えることから、消化や腸内環境へのケアは意識して取り組まなければ、知らず知らずのうちに内臓疲労や腸内環境悪化の原因を作る可能性があります。

そればかりか、せっかく摂取した食事やサプリメントも消化・吸収できず「食べているのに栄養が足りていない」そんな状況にもなりかねません。

消化機能と腸の健康のサポート是非意識的に取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

具体的にどんな事をすれば良いのか?

消化機能と腸の健康サポートをしたい人に参考になる記事をこちらに紹介しておきます。

参考にしてみてください。

(1)【食で悩むアスリートへ】食事には「ボトルネック」がある!

(2)【アスリートはお押さえておきたい!】消化を意識した食事!

(3)【食事量が増えるアスリートの対処法!】消化と腸をサポートする食事のポイント!

(4)【世界NO1マラソンランナー】無駄な内臓疲労を与えない!サプリメント活用法

(5)【食事による内臓疲労がコンディションを落とす】元日本代表スイマー

 

  • なぜ?ジュニアスイマーが愛用している理由
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています