スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

スポーツサプリはコチラ

怪我を早く治す方法としての「酵素」サプリメントの可能性とは?
2021.02.22

今回は、「The Natural Athletes Clinic」の動画を元に、独自要約で「タンパク質分解酵素を摂取することがスポーツ傷害に対してどのように機能するか」についてご紹介したいと思います。

 

日本では、怪我をした際に「タンパク質分解酵素」を摂取する!という習慣はあまり聞き慣れない内容かと思いますが、ヨーロッパをはじめとする海外では、スポーツ選手やアスリートが怪我をした際の早期回復を目的としてタンパク質分解酵素サプリメントを活用しているケースが見受けられます。(私たちも実際にヨーロッパのとあるサッカーチームを訪問した際に活用されている現場を目撃しました。)

 

では、具体的にどのような効果と目的を持って使用されているのか?この辺についてまとめてみましたので、情報の1つとしてチェックしてみてください。

 

タンパク質分解酵素とは

まず初めに「酵素」とは、生化学反応の反応速度を速めるタンパク質です。(他の反応の触媒作用もある)人間が体内に持つ「酵素」は2000種類あると言われているくらい非常に多くの種類の酵素があります。

 

数多くの種類がある酵素の中でも、タンパク質分解酵素は、炎症を抑える効果があるとともに、組織修復に要する時間を早め、回復までの時間を短縮することが可能になると言われています。

 

怪我をした際には損傷した組織の修復のために生体内の生化学反応が正常時よりも多くなってしまう。その分必要となる酵素をサプリメントから摂取することで、組織修復を早められると考えられているのです。

 

他の薬との比較

1960年代まではタンパク質分解酵素を処方していたが、その後、副腎皮質ステロイド(コルチコステロイド)や、非ステロイド性抗炎症薬が安い値段で広く流通したため主流ではなくなったという歴史的背景があります。

 

そして、非ステロイド性抗炎症薬とタンパク質分解酵素の働きを比較してみると以下の通りとなります。

 

◆NSAID(非ステロイド性抗炎症薬)の作用
痛みを取り除く〇
炎症を抑える〇
組織修復を早める×

◆タンパク質分解酵素
組織修復を早める○

タンパク質分解酵素の利点

◆炎症を引き起こす原因の1つであるブラジキニンという物質の量を減らす。

◆炎症誘発性のプロスタグランジン(ホルモンの1種)の生成を抑制し、抗炎症性のプロスタグランジンの量を増やす。

◆触媒作用もあるため、他の酵素反応の反応速度を速め、組織修復に繋げる。

◆不要なものを分解する。
傷口や破壊された細胞から流れ出たタンパク質を分解したり、フィブリンを分解する。フィブリンは凝血塊の形成に必要なタンパク質であるが、凝血塊が形成され、出血が止まった後は不要となる。これらの不要となったタンパク質を分解し、損傷した組織の周りから除去することで、組織修復のために必要な血液や栄養素の運搬を手助けする。

 

タンパク質分解酵素の種類について

酵素には植物由来のものと動物由来のものがあります。

◆植物由来のものの例
・パパイン(パパイヤ由来)
・ブロメライン(パイナップル由来)
・Rutten(いくつかの植物由来)

◆動物性由来のものの例
・トリプシン
・キモトリプシン
・パンクレアチン

これらはタンパク質分解酵素であるとともに、それぞれ独自の作用があるので、サプリメントを用いてタンパク質分解酵素を摂取する際は、1種類の酵素に絞るのではなく、植物由来、動物由来のものを複数種類一緒に摂取できるものの方が、相乗効果も期待でき、薬効範囲が広くなることが期待されています。

 

タンパク質分解酵素の効果的な摂り方

急性損傷に効果的なので、怪我した直後から摂取するのが好ましいとされています。また、怪我をしそうな試合やトレーニングの前、最中、直後に摂取するのも効果的と言われているため、試合やトレーニングの前、最中、直後に摂取することで、腫脹も、回復にかかる時間も50%ほど削減できたという統計も出ているそうです。

 

摂取する際の注意点としては、摂取量が多く必要であること。怪我した部位に常に行き渡るように1日に約4回摂取する必要がある。また、空腹時に摂取する必要があること。(満腹時に摂取すると、胃の中の食べ物の消化に費やされてしまい怪我の回復に効果が出なくなってしまう。)などが挙げられています。

 

結論

タンパク質分解酵素は、炎症を抑えるとともに、回復スピードを速めることができ、スポーツでの損傷に効果があると期待されています。

 

いかがだったでしょうか?

 

アスリートにとって、怪我は極力避けたいところですが、万が一怪我をしてしまった際には、しっかりと治してから復帰するのが望まれます。そんな中でも選手としては一刻も早く怪我を直すべく努力をすると思います。怪我に対してアプローチをする際の1つの情報としてこのような情報を知っておくことも、選択肢を広めるきっかけになるかもしれませんね。

 

日本国内ではあまり聞き慣れない情報だと思いましたので、情報までにシェアさせていただきました。

 

 

 

※今回ご紹介した動画は「The Natural Athletes Clinic」様の貴重なyoutube作品です。

  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています