スポーツ選手のための体づくりメディア

AthleteCollection / アスリートコレクション

【お酒で顔が赤くなる時の対策】自分のアルコール体質を理解しよう!
2022.03.11(更新日2022.03.14)

お酒で顔が赤くなる対策とは?

こんにちは。
「アスコレ」ウェブメディアです。

 

お酒を飲むとグラス一杯ですぐに顔が赤くなる。

そんな状況をなんとか改善したい。と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

お酒に強い人には、理解されがたい悩みですが、お酒に弱い人にとってデートや仕事でお酒を飲んだ際に、すぐに顔がに赤くなるのは「恥ずかしい」「仕事の席ではみっともない」「周りに気を使わせたくない」そんな風に思ってしまい、悩みの種になっているのではないでしょうか?

 

一方で、ウコンや肝臓エキスなどのドリンクを活用してもイマイチ良い結果に繋がらないと感じている方も。。。

 

そこで今回は、「顔が赤くなる」原因を踏まえ、自分のからだに合った対策が見つかるようあなたに合った情報提供をしていきたいと思います。

 

それでは早速!

 

顔が赤くなる原因はアセトアルデヒド

「アセトアルデヒド」という言葉を一度は耳にしたことはありますか?

 

このアセトアルデヒドは体内でお酒(アルコール)を分解していく過程で必ず発生する非常に毒性の高い成分です。

 

お酒を飲んで顔が赤くなったり、動悸がしたり、血圧上昇、冷や汗などの現象が起こることを「フラッシャー」と呼びますが、このフラッシャーを引き起こす原因こそが「アセトアルデヒド」だと言われています。

 

アセトアルデヒドが毛細血管を拡張させる

その理由は、体内に発生したアセトアルデヒドは副交感神経を刺激する作用があり、顔などの毛細血管が拡張されることで顔が赤くなるとされています。さらに、アルコール本来が持つ血流を良くする作用もあって余計に助長されます。

 

また、アセトアルデヒドは体内を巡り、頭痛や吐き気、動悸が激しくなったり、様々な影響を及ぼすとされています。

 

顔が赤くなる人とならない人の違いは? 

体内に入ったアルコールは、「アルコール脱水素酵素」(ADH)という酵素によってアセトアルデヒドに分解されます。その後、「アルデヒド脱水素酵素」(ALDH)によって初めて、無害な酢酸(アセテート)となります。

 

つまり、フラッシャーと呼ばれる顔が赤くなる人はこの流れの中で「アセトアルデヒド」の分解がスムーズに行われていないことが原因で顔が赤くなっている可能性があります。

 

では、なぜ?

スムーズに行われないのか?

 

◯◯が不足している

これについては、体質によっても不足しているものが異なりますので、自分の体質傾向を元に把握する必要があります。

 

そこで、簡単な体質診断チェックを準備しました。

  

つの質問に回答し、30秒で結果がでる無料のLINE体質チェックです。

 

このような形でタイプ結果が画像で出ます。 

↓↓↓↓↓

結果が画像で届きます!

 

<診断結果の主な内容>

◆あなたのタイプ

◆あなたの飲酒時の傾向

◆お酒の分解に関するあなたの体質

◆あなたは◯◯が不足している

 

タイプを理解することで自分の不足を理解できます!

自分に必要なものを理解するところから対策を検討してみてください! 

 

30秒!タイプ別チェックをする

1、アスコレヘルスケア公式LINEに登録

2、公式LINEのメニューバナーをタップ

3、ガイダンスに従って4つの質問に回答すると結果が送られてきます。

LINE登録から結果が届くまで30秒程度です。

 

 

The following two tabs change content below.

アスリートコレクション編集部

次世代のトップアスリートのためのスポーツメディア「アスリートコレクション」編集部です。
  • 疲労へのアプローチ!
  • 食事方法で差をつける

体づくりのヒント

この記事を見ている人はこんな記事も見ています

スポーツ栄養の新着記事